メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

もし会社を辞めることになったら。独立の準備とは

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

「君、明日から来なくてもいいから」

なんて、言われることは、今の労基法に抵触するのでありませんが、

そんな空気が醸し出されていることがあったりします。

そこの会社にしがみつくか。さっさと飛び立つか。

選択肢から選ぶことになります。

これからの時代、いつ何時何が起こるかわかりません。

そんなときのために、できる準備は今からしておこう、というお話しです。

会社を辞めてやりたかったこと。電車の旅。

目次

これからは自分のせいだけではない

これからの時代、想像できなかったことが色々と起こるかもしれません。

当のわたしも、会計事務所を何箇所か勤務してきた経緯があります。

理由は、家族の体調が悪くなったりしたこともあったので、一概に辞めた理由が参考にならないと思っています。

しかし、辞めてから独立に至るまでの経緯は、これから独立を考えている方に、少しは役に立つかもしれないので、今回のブログにまとめようと思い立ちました。

 

かつては、社員のクビを切ることは、その社員の成績が悪いため、会社が肩を叩くというイメージがありました。

しかし、今は、社員のせいで人員整理をすることは、ほぼないと思っていいでしょう。

会社の資金繰り、経済状況、などに左右されているのです。

つまり、会社を辞めるはめになるのは、社員ではなく会社の経済状況であることを、知っておきましょう。

「え、俺って評価されてない?」「はあ?!あれだけ成果をあげたのに!」

そうなのです。社員を雇っておきたくても、抱えられない状況に、一番苦慮しているのが、経営者でもあるのです。

なので、雇用が切れたのは、自分のせいと思わないことです。

自分の力不足ですと、表ではそのような顔をしても構いません。

でも、心の中では自分のことを、必要以上に卑下しないようにしましょう。

これからのことに、前向きな気持ちで進んでいくことが大切なのです。

フルタイムで働いているときにやっておくこと

もし、「あれ?おかしいぞ」と思うことがあれば、ひっそりと、独り立ちする準備をしましょう。

もちろん、転職活動するのもいいと思います。

ただ、これからの時代、今まで以上に雇用され続けることに保証されると思うのは、リスクあります。

とりあえずは転職活動するが、独り立ちの準備も、同時進行しておくといいでしょう。

自分軸を作る時間の確保

まずは、時間をなんとしても確保しましょう。

目安は、一週間のうち、まる1日は休息を。そして、もう一日、自分軸を作るために確保します。

つまり、1週間のうち2日は、なんとしてもキープするのです。

「もし、休日出勤しろと言われたら……」

そのような職場は、ひっそりと転職活動始めることにするのです。

いきなり、ひとり仕事を始めるには、ハードルが高すぎます。

まずは、週に2日、自分のための時間を確保しましょう。

ちなみに、50歳過ぎてから独立を考える場合、体力の減少を考慮にいれておきましょう。

そのための、休息日です。

自分にとって、休息できるルーティンを作っておくことをおすすめします。

私の場合は、ひたすら寝る、サウナで整うことをしています。

時間を確保するための仕事の超効率化

次に、手をつけるところは、今の仕事の超効率化です。

つまり、1日かかった仕事を、半日で仕上げるイメージです。

早く終わったら、逆に仕事が増えてしまうのではないかと、心配されるかもしれません。

いいのです。早く終わったことは、あえて公言する必要はありません。

その分、体力を温存するのです。これが本来の目的なのです。

仕事を早く終えるには、「ガジェット」「Excel」「ショートカットキー」「プログラミング」ができるようにしておきたいものです。

そうはいっても、わたしも全部できているわけではありません。

自分ができるところから。お金で解決できるところから、着手していきましょう。

そういう意味で、「ガジェット」「ショートカットキー」は便利です。

辞める前からひっそりとやっておくこと

こうして、生まれた自分のための時間。

これは、自分軸を作るために使います。

まずはアウトプットをしよう

私は、まずは毎日ブログを書くことを始めました。

その1年後は、「50歳からのひとり仕事」というメルマガもはじめました。こちらも毎日更新しています。

実は、私が作っているメニューやオンラインセミナーのねたは、すべてこの「発信」から生まれています。

書きながら、「あ、これセミナーでできる!」「あ、これならメニュー化できる」

と思いつくのです。

もし、ブログとメルマガがなければ、ここまで展開できなかったはずです。

机に向かって、モニターとにらめっこしながら、考えても限界があります。

この毎日アウトプットする効果は、私にはとても絶大でした。

アウトプットのバリエーションを広げる

こうして、毎日アウトプットする習慣ができてきたら、次にやることは「話す」アウトプットを実施します。

私は、YouTubeチャンネルで、平日毎日更新していました。

おかげで、話す場数を確保することができて、カメラに向かって話すことに違和感を感じなくなりました。

(2023年2月以降、毎日更新から週イチ更新へ変更→平日更新へ戻る予定)

このYouTubeで話す経験は、とても有意義です。

テキストでの発信であれば、Kindle本を執筆することもできます。

とにかく、発信のバリエーションを広げることに、注力注ぐのです。

様々な発信こそ、ひとり仕事力向上につながる

実は、発信することで以外な効果があります。

それは、会社だけが世界ではない、ということを実感できる点です。

これは、これからひとり仕事を始めるにあたり、大いなる力となりました。

私も、始めは半信半疑で発信を始めたのですが、今思うと、これほど大きな力になるとは思いもしませんでした。

発信することで、今までつながることができなかった方々と、お話しすることも増え、様々なチャンスをつくることもできるかもしれないのです。

発信には、時間がかかります。わたしも一日の中で2時間は時間がかかります。

それが、毎日することで、一人で仕事する練習になっていきました。

 

そろそろ、独り立ちしようかな。独立したいな。

そのような気持ちが芽生えたら、まずは、時間を確保しましょう。

そして、発信を始めましょう。

そうすれば、おのずと、自分軸がしっかりしてきます。

まずは、自分から動くことです。健闘を祈っています。

=編集後記=

【昨日のできごと】

だいぶ体調が元に戻ってきたので、ChatGTP 4oにチャレンジ。NPO法人のホームページの工程表作成を手伝ってもらいました。
根気強く、お願いすることを分解していく作業は、まさに人にお願いするのと同じだと、痛感しています。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次