メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

平日でも心を休める時間の使い方

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

平日だと、仕事があって中々休むことが難しいものです。

仕事の場所を自由に選べるひとり仕事は、自己コントロールが難しい一面もありますが、

自分のテンションを維持する工夫が、自由にできる利点があります。

ランチは水辺近くのカフェで

目次

視力を大切にする時間

ひとり仕事に限らず、最近は、パソコンのモニターを見続けて、ひたすらキーボードを打ち続ける仕事が主流になっています。

肩こり、頭痛、腰痛など。

様々な身体の不調は、ときに心まで蝕むことがあります。

私も、例外なく身体を壊してしまうこともしばしばありました。

この年になって、思うことが一つ。

目を大切にすることです。

モニターや、目の前の書類に過集中しがちな今の仕事の環境は、目を酷使しています。

不思議と、視野が狭くなると、思考も感情も狭くなっていきます。

これをほってしまうと、脳の疲労も改善しなくなり、睡眠の質も落ちてしまいます。

 

9月に入って、残暑が厳しい中、秋の風が吹き始めた今、

私は、積極的に外にでて、緑や水辺を眺めるようにしています。

振り返れば、地元に自然がいっぱいだった

やとわれ時代だった、つい最近まで、朝早く出勤し、夜中に帰宅する日々が続いておりました。

せっかくの土日も、昼過ぎまで惰眠を貪り、そのまま月曜日を迎えることも。

この7月8月も、感染症を恐れて外で仕事をすることも控えており、家の中に閉じこもって仕事に精を出しておりましたが、思い詰めることもしばしばありました。

これでは、せっかくのひとり仕事の良さを発揮できていません。

室内は無理だとしても、野外なら問題ないことに気づき、先週は積極的に野外にでかけました。

風に当たり、緑と水辺を眺めることで、夜の寝付きも早くなったように思えます。

 

もちろん、食いしん坊である私は、季節限定のスイーツに目がありません。

ブルーベリーと紫蘇のパフェ

自由解放されている日本庭園にも。

竹林の先に広大な日本庭園が。

小高い丘にあるオールテラス席のレストラン&カフェ。

目線の先に、稲刈りされた田んぼに沼が。

オールテラス席のカフェ。カウンター席からのロケーションは最高です。

稲刈りされる田んぼに、シロサギが群がっています。

釣りに出た船に、かもめが群がるように。

太陽に当たると、暑いのですが、木の木陰でとても涼しく、あっという間の一時間でした。

旅行に行けなかった夏の終わりに小さなご褒美を

みなさんは、どのような夏を過ごしましたか。

もしかしたら、思うような過ごし方ができなかったかもしれません。

でも、せめて緑を遠くに見据えて、目を癒す時間だけでも、作ってほしいものです。

その点、ひとり仕事は、平日に好きな場所で仕事ができます。

その恩恵をしっかりと受け止められるのであれば、積極的に緑の中に出かけられるようになってほしいものです。

=編集後記=

【昨日のできごと】

午前中に、個別相談。午後からNPO法人関連の仕事で役所周り。
税務署では、定額減税説明会が行われ、駐車場が満車でした。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次