メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

繊細さんの営業術

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

繊細さんだからこそ、ほぼ毎日ブログを書いて露出しています。

いまいち駄作なブログも生まれてきてしまうことも数多くあります。

ほとんど、ビュー数が上がらない、ハズレ記事もあります。

それでも、ほぼ毎日ブログを書いています。

理由は簡単。

繊細さんな私だからこそ、積極的にやっている戦略でもあるのです。

繊細さんだからこそ、顔出しして動いて話す自分をさらけ出してします。(柏ビジネス交流会でのミニセミナーにて)

目次

世間一般的なセオリーとされている営業ができません

無料セミナー、無料コンサル、無料ebook配布……。

ネットを見ていると、このような広告が目に付きます。

また、同業他社研究をしても、同様な無料セッションをされている方が、多くいらっしゃいます。

私の場合、無料にして「どうぞ!見て行ってください!」と扉をオープンにすることがとてもできずにいます。

理由はたった一つ。

「私の表側だけ見て、判断していただくのに忍びない」

その思いがあるのです。

ただ、地元で直接お会いした方には、初回無料の個別相談を実施しています。

お互い、知っている同士であれば、私もお客様に、安心して真摯に向かい合うことができます。

また、私がどのような人間なのか、何が好きで、どんなことが嫌いなのか、よく知って頂いた上で、ビジネスのお話しをさせていただいています。

私のような人に、仕事を頼みたくない!と思う方がいたっていいのです。

直接、お会いしていれば、マッチングの齟齬が起こることがありません。

 

あと、これが1番の要因になっているのかもしれません。

 

「私自身が、一般的に受けがいいわけではない」

 

優しい美人さんでもなく、穏やかな心休まる聖母のようなキャラクターの、真反対のスタンスでいます。

これには、理由があります。

今まで雇われで仕事していた業界の特性とも言えるかもしれません。

税務というルールに則って、事業の成果を出すには、それなりのエネルギーを持って立ち向かわないといけません。

登り坂をダッシュで駆け上がるのを、後ろから発破をかけることも仕事でしたので、これはしょうがないと諦めています。

いつの日か、忘れましたが「怒られたい人が、鈴木さんのサービスに向いている」と言われたこともありました。

怒られたくない、優しくされたい、そう思うのも当然のこと。

なので、多くの方に集まっていただき、私の叱咤激励に触れてしまうことに、ものすごく忍びなく思っているのでございます。

AIに頼らない、書き言葉・声・トーク・顔・話し言葉

とはいえ、無料ウェビナーをしない代わりに、私は躊躇なく自分を露出しています。

まずは、このブログ。ほぼ毎日執筆です。

毎日書いていると、調子いいときと悪いときがあるので、記事の質にばらつきがでてしまいます。

毎日量産して、一定の質を担保するなら、AIに頼るのが1番です。

読まれるために、戦略を練るのが、今となってはひとつの作法になっています。

でも、それだけでは意味がないのです。

毎日、露出しているのは、私という人間、生体バイオリズム、息遣いを見ていただくことで、ミスマッチングを防ぐためにやっています。

もちろん、提供するサービスの質には、一定の高さを担保するのは当然です。プロですから。

でも、人は呼吸しているし、心臓の鼓動で飛びながら生きています。

鈴木かずこという人間のリズムが、どんなものなのか。その生き様をみた上で、私からのサービスを受けるか受けないかを判断できるようになります。

でも、SNSの発信などで、十分それは伝わるはずでは?

そんなご意見もいただきます。

確かに、そのとおりです。

でも、お客様に「きっとこうなんだろうなぁ」と予想させるより、

「ああ、確実にそうなのね」と時間かけずに判断できる方がいいのです。

後者のほうが、本当のサービスだと思っています。

お客様の時間を、少しでも有効に使っていただくことが、最大のサービスなのです。

ひとり仕事で大切な自分メンテナンス

あと、1番の要因は、思いの外、私は繊細さんである、という点でしょうか。

子供の頃から、人の顔色をよく見てきた私です。

幼少期に、異文化に触れてきた経験も影響しているのかもしれません。

3つの幼稚園に通った結果どうなったか

積極的に、交流の場に顔を出していますが、人が多くいるところにいると、翌日はゆっくり休まないと回復できません。

お酒に強そう、気が強そう、ついでに腕力もありそう……。

よく言われますが、実は、強くできていないのです。

これでは、プロのひとり仕事人とは言えないでしょう。

でも、そう感じてしまうのを、否定することも違うかなと思うのです。

そういう意味では、私はまだまた修行が足りません。

50歳すぎてからのひとり仕事では、今まで人生でできなかったことを、捨てる勇気を持ちたいものです。

逆に、自分軸を強めることで、弱い自分をいい方に転換するようにします。

ここまで考えて、自分軸を育てるところまで持っていくには、毎日ブログを書くという行為が、欠かせないのです。

 

でも、繊細さんであることに、あぐらをかいていませんか?

と、そんなご意見もあるかと思います。

でも、繊細さんという言葉が広く知れ渡っているので使っていますが、

私は、繊細さんのことを、心の敏感肌と呼んでします。

きちんと心の保湿ケアをして、過剰な刺激を与えないようにしていれば、安定した状態を保つことができます。

繊細さんだからこそ、人の悩みにも共感できるのです。

自分の良さを発揮するために、あえて一般的な営業をしていない。

そんな書き出しでした。

でも、最後まで書いてみたら、ほぼ毎日ブログを書いて、自分自身をさらけ出すという、えげつない営業をやっていることに気が付きました。

自分には、バズりが向いているのか。

無造作に、無料サービスをやった方がいいのか。

よく、自分自身と相談して、周りに流されないで、夢を実感していただけるようにしたいものです。

 

鈴木さんのサービスは、なんだか怖そう……。

申し訳有りません。怖い思いをさせてしまいました。

安心してください。一応、教育のプロだった時期もあります。

できないことをさせるようなことは、一切おこなっておりません。

安心して、私に声をかけてみていただければ。

基本、人が大好きな私です。喜んでお返事させていただきます。

個人事業主・副業・ひとり社長の方へ

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次