メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

お試し体験としての記帳代行

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

モニター価格で、まずはサービスを知ってもらうのは、営業の基本と言えます。

いつまで行うか、決めておくことが必要です。

芋掘り体験で、土と戯れる経験を。

目次

ちょっと先の未来を覗いてもらう「体験」

先日の休日に、いもほり体験をやっている施設に遊びに行きました。

秋になると、収穫を体験させてくれる農園がいくつもあります。
実際にはやらなかったのですが、このように身体を動かして季節を体感できるのは、うれしいものです。

このように、広く多くの人に、体験していただくことは、とても有意義なことです。

なぜなら、普段知り得ないことを体験し、その人にとってこれからの人生になんらかの影響を与えるからです。

とくに、お子さんの場合、このような農業体験を通して、食べ物に対する考え方の土台となっていきます。

このように、「体験」は、その人の未来を掌るものと言っても過言ではないでしょう。

デパ地下の試食コーナーがワクワクするわけ

では、商売でいう「お試し」は、どうでしょうか。

例えば、スーパーやデパ地下の「試食コーナー」。

ここで体験したことが、今晩の食卓をイメージすることができ、商品を買う決断ができます。

このように、お試しとは、それを体験したことでどんな未来が広がるか、知っていただくことなのです。

ただ、商品を陳列しておくだけで、売れる商品は、すでに未来を知っている人が多いから、成り立ちます。

しかし、新商品や知名度の低いものは、そこからどのような未来が広がるのか、まったくイメージが湧きません。

「お試し」「モニター」は、積極的に取り入れるべきと言えるでしょう。

お試ししたお客様の反応が宝になる

実際に、体験していただいた方から、様々なご意見をいただくことがあります。

自分が思っていることと異なる意見もいただくことも。

自分の姿を正しい鏡で見ているように、外から見た自分の商品が、市場の中でどのように見られているのかを、情報を得ることができます。

対価を支払って、コンサルティングを受ける際、同様なフィードバックをもらうことができます。

しかし、実際の顧客の立場からの意見が、求めるべき意見です。

自分の商品を利用しようと思わない、プロの意見より、実際に体験していただいた方々からの意見が、商品をよくするのに一番必要な情報となるのです。

私は、継続サービスを受ける前に、期間限定のお試しサービスを利用していただけるようにしております。

2ヶ月限定記帳代行サービス

永続としたサービスにしていないのは、記帳とはどういうものかを知っていただく、そして、後にご自身で継続できる未来を描いていただきたいからです。

興味あれば、ぜひ。

=編集後記=

【昨日のできごと】

午前中に、個別相談。午後からNPO法人関連の仕事で役所周り。
税務署では、定額減税説明会が行われ、駐車場が満車でした。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次