メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

一番の弱みを、一番の強みにする

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

ドクターヘリが生まれたきっかけは、命を救うために、今までの常識を捨てたことから始まりました。

病院で亡くなる方を減らすには、一分一秒でも早く、患者と医師が出会うことです。

そのためにできることはなにか。

こうして生まれたのが、ドクターヘリです。

ドクターヘリ内部模型 空港科学博物館にて

目次

新しいやり方は、まず不協和音が起こる

導入当時は、いろんな問題があったそうです。

  • 地域の消防への認知度が低くかった。
  • 現場での連携が上手く行くのに、試行錯誤が続いた。
  • 県をまたがる場合、自治体との費用負担に差が生じる。
  • 予算の関係上、夜間飛行ができない。

など、たくさんの問題が山積していました。

これらを一つずつ、解決し、今は全国47都道府県で、56機導入されるほど、広がりました。(認定NPO法人救急ヘリ病院ネットワークより)

ドクターヘリを浸透させるためにしたこと

これらの問題をクリアするために、病院側が積極的に行ったことは次のとおりでした。

この解決のために主導してきたのが、行政ではなく病院でした。

つまり、目の前の命に対峙する医師と看護師がいるところが、一番必然性を感じていたということでしょう。

  • とにかく、地域の消防などと、救命救急の勉強会を繰り返し開催する。
  • 現場では、患者はもちろん様々な役割を持つ人達に目を配る。
    (災害時など)
  • 行政に働きかける。
  • 民間企業と協同で、新しい救命ツールの研究開発をする。
  • ドラマ監修などに積極的に協力し、社会的知名度を上げる。
  • 研修医などのリクルートに積極的に行い、次世代の育成に手を抜かない。

その他にも、私の知らないことが、たくさん積み重ねているのでしょう。

事故や災害が起きたときは、非日常です。

まさか自分が病院にお世話になるとは思えません。

しかし、いざお世話になってみると、過去からの病院の努力で積み重ねたノウハウによって、自分が助けられていることを知ります。

過去にいた誰かの「困った」のおかげで、今の自分がいるのです。

かつての救命救急から、努力と協力体制の試行錯誤を、諦めずに積み重ねたからこそ、日々助かる人が増えていくのです。

一番の悩みを一番の利点に変える

ドクターヘリの普及の過程をみて、わかることは、

「一番の悩みが一番の利点になる」ということです。

病院に到着する前に、落とす命が多かったことが、一番の悩みだったはず。

それが、ガラリと発想を変えて、「じゃ、医師を患者のところに届けたほうが早いんじゃない?」という発想が、救命率の向上に繋がっているのです。

まだまだ、問題は山積されているかと思いますが、こうした新しい価値観を生んで、連携する組織に波及させる姿勢は、大いに参考になります。

 

今の一番の悩みや困りごとはなんでしょうか。

それを、一番の強みに変えるのに、どうすれば良いのでしょうか。

日本の救命救急を発展させてきた歴史からも、ヒントを貰えるかもしれません。

自分の欠点は、一番の強みにできます。私はそれを、信じています。

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次