メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

底網漁と一本釣り ひとり仕事の営業論

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

ひとり仕事の営業は、魚の漁に似ています。

どんな海域で漁をするのか。どのクラスの船を使うのか。漁師さんの人数はどのくらいなのか。

それによって、漁の仕方、つまり営業の仕方が変わります。

ひとり仕事を始めて、2年以上たった今。自分なりに営業の方法論をまとめてみました。

閑散期のつり舟屋さん。

目次

まねごとから始めた、ひとり仕事の営業

私は、思い立って、すぐに独立しました。

ひとり仕事の世界に飛び込めたのは、すでに継続メニューのお客様がいたからです。

でも、このままでは偏ってしまうと思い、必死に勉強してNotion✕経理の分野では、いち早く発信を始めました。

当時、集中してやったことは、次のとおりです。

  • 毎日ブログを書く。
  • 自分がひとり仕事を始めたのと同時に、メルマガも開始。
  • 自主開催セミナーも立ち上げる。
  • 動画販売も始めた。
  • セルフマガジンも作った。
  • You Tubeチャンネルで平日更新を始める。
  • Twitterでも、今仕事でやっていることを発信する。

このおかげで、今もひとり仕事を継続することができました。

ほとんど、事前準備をせず、すぐにここまでスタートダッシュができたのかというと、事故から早く立ち直りたいという気持ちがあったからだと思います。

今、振り返ると、よくここまでやってきたなと、我ながら関心します。

でも、なんの情報もなく、ここまでできるかというと、それは不可能でした。

すでに、ひとり仕事で成果を上げている方に、教わる機会があり、ここまで一気に進めることができました。

成果があった方法は、再現性が高ければ自分にも同じ効果が現れるはず、という仮説に基づいてやってきました。

でも、結果の現れ方が、その方と私とは、随分と違っているのも事実です。

一体、どんな理由で違ってきているのかを、考えてみたのです。

売っているもの、場所、環境、時代によって変わる営業

当たり前のことですが、環境などの条件が違えば、同じことをやっても、結果が変わるのは、当然のことです。

実際に、自分でやってみて、つくづく思います。

15年前と、コロナ後の今では、まったくもって環境が違っています。

それなのに、昔の方法でやったわけですから、当然、思った結果と異なるのは当たり前です。

ただ、やり方を真似ただけでは、自分で営業ができたとは言えないでしょう。

そこから、私は、自分の環境で、何ができるか考えました。

自分の良さが、一番に発揮できる場所と方法を、色々と試してみました。

結果、リアルに会えて、それなりの回数を重ねてコミュニケーションを取れる関係を作ることで、自分の良さを伝えられることがわかってきました。

そうです、地元での交流会で、何回かお会いした間柄から、お仕事をいただくことが増えてきたのです。

私が、独立した当初は、コロナ禍ですべてお会いするのがオンラインのみでした。

でも、それでも「あ、あのときのオンラインでご一緒でしたね」と会話がはずみ、今でも自主交流会を互いに企画して、関係を続けさせていただいています。

また、私も地元限定の、Notion勉強会を開催するなど、小さな規模ですが、少しずつ輪を広げております。

自分が持つパワーから営業方法を選ぶ

独立当初、私は、オンラインのみの活動でネットでの集客をせねばと、発信をし続けていました。

そして、やっと、リアルで交流できるようになってからは、随分と気持ちも楽になったのです。

ネットでの集客が、底網漁だとしたら、リアルにお会いして、一対一でお話ししつつ、お客様になってくださったのは、一本釣りなのかもしれません。

底網漁は、大量の魚を得ることができます。

でも、一本釣りは、ひとつひとつ、自分の手で獲ります。

今、自分の営業方法を見てみると、この一本釣り漁法に似ていると思っています。

おそらく、これは、自分の持っている資質、環境によって定められているのかもしれません。

底網漁をするほどの施設を持ち合わせていない。

たくさんの魚をとって集めておくことができる倉庫がない。

そもそも、冷凍庫を持っていない。

大量の魚を運ぶ舟ではない。

底網漁をする場所を選ぶ情報が足りない。

などなど、いろんな要因で、私は底網漁ができないのかもしれません。

であれば、消去法で、できる方法を見つけていけばいいのです。

結果的に、私は自分の得意な営業方法を、見つけることができました。

ここまで来られたのは、独立当初、一気にできることを、ひととおりやってきたからだと思っています。

一つ言えることは、最初から自分に合っているかどうか、わからないということです。

ひとり仕事を始めたら、絶えず自分ができることを、貪欲に続けていけば、自然とモチベーションも落とさずに続けられるようです。

これから、独立を目指す方、ぜひ、自分のできることをまずやっていくことから始めましょう。

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次