メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

Notionを始める前に知っておきたいこと

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

Notionは、インストールしただけでは、使えません。

アカウントを作ったけど、その先どうしたらいいのかわからず、断念する方が多いようです。

でも、実は、Notionは、誰もが使えるツールと言われています。

カバンに忍ばせている、小さな手帳と同じ感覚で使えるツール、それがNotionです。

だいぶ持ち上げてしまいましたが、このように、Notionは老若男女が使える唯一のツールなのです。

なぜ、Notionを使いこないのか、原因を探ってみました。

Notion本社にて。日本で出版されているNotion本勢ぞろい。

目次

正直ハードルが高いのに訳がある

Notionは、スマホのアプリのように、インストールすればすぐ使えるものではありません。

だから、人が新しいことを体験する際に起こる心のブロックが、ここで発動してしまい、「Notion使えない……」とフェードアウトする原因となるのです。

Notionを使えるということは、実は、新しい言語を覚えるのに匹敵する障壁があるのです。

初めての英語で、まずはABCの歌を歌うように、とにかくNotionで使用するブロックをページに置いてみるところから始めるとよさそうです。

とはいえ、ABCの歌のように手順を示さないと使えません。

当然のことです。

Notionを勉強するということは、言葉や歌、踊りを覚えるのと同じなのです。

とにかく、先駆者のマネをすることから、始まります。

まずは、テンプレートを使ってみるところから

学生時代、未就学児の夏キャンプリーダーのボランティアをしていました。

親元を離れて、子どもたちとアクティビティを一緒にやって、生活も共に過ごすやつです。

キャンプでは、仲間との最初の共同作業としてキャンプソングを歌います。

初めて子どもたちに歌を教えるとき、リーダーである自分は、まず、1番の歌詞を通して歌ってみせます。

そして、小節ごとに区切って、先に歌い、同じように歌うよう促します。

英語の勉強でも、同じ過程があります。リピートアフターミーです。

ちょうど、1回で覚えられ、すぐに歌える長さで区切りながら進めます。

次に、通して歌ってみますが、みな最後まで歌えるはずもありません。

そこで、次なる補助として、少し先に歌詞を先読みしながら、歌い通します。

これを、繰り返していけば、小さな子どもたちも歌を覚えていけるのです。

Notionを覚えるのも、これとまったく同じです。

まず、Notionで紹介されている使えそうなテンプレートを選び、使ってみるのです。

Notion テンプレートサイト

歌えそうな楽譜を選んで、実際に歌ってみるのと同じ過程です。

Notionのテンプレートに値する、音楽の「楽譜」

そして、まずは使ってみるのです。

ただ、これでも、ハードルが高いでしょう。歌で言えば、先読みしてもらって、やっと歌えるレベルなら効果があります。

しかし、その前の段階、区切りながら、リピートアフターミーで歌うレベルの教材が、あまりないのが現状です。

 

今は、Notionを会得するための教材を、様々なコミュニティで提供されています。

でも、なかなか、懇切丁寧に導いてくれるものが少ないのが現状なのです。

Notionでエンジニア脳を獲得しよう

では、自分たちがすぐに今できることはなんでしょうか。

まずは、いろんなテンプレートを覗いてお試ししてみるところから始めるとよさそうです。

いろんな歌を聞いて、自分も歌ってみたいと思えるものを、カラオケで練習するのと同じノリです。

そのためには、「歌いたい!」という気持ちがほしいものです。

Notionでいれば、今までやってきた自分の仕事やルーティンを、Notionで表現してみたいという欲求が生まれるというものでしょうか。

その欲求に近いものを、テンプレートサイトから、まずは複製して使ってみるのです。

 

さて、これを繰り返していくと、人はどのように変わっていくのでしょうか。

音楽の場合、音に心を載せられ、音に色をつけられるようになります。

Notionの場合、物事をエンジニアの方と同じような順序で、考えることができるようになります。

ここまでくれば、誰かに補助してもらわなくても、Notionを使い倒せるようになってきます。

また、何を質問すればいいのか、わかってくるので、自分で調べる力もついてきます。

実は、これは、他の物事にも、いい効果を波及しています。

仕事で問題が起きたとき、原因と結果を明確にして、障壁となるものを除外していく過程は、まさにプログラミングを組む過程と同じです。

Notionが人気なのは、ただ仕事の効率化を果たすのみならず、その人の生活全般まで上手く循環できるようになったと実感を得られるからなのです。

 

Notionをインストールしただけだと、ただ、音楽を奏でる楽器を手にしたに過ぎません。

音を出して、音楽にするまでに、楽器を操るトレーニングが欠かせません。

それと同じように、Notionを奏でる技術を繰り返しトレーニングする段階が必要です。

そうすれば、自ら音楽を作曲するように、自分だけのオリジナルのNotionを築き上げるようになるでしょう。

こんな私も、まだまだトレーニング中であります。

ぜひ、一緒にNotionで人生を奏でてみませんか。

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次