メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

人生不確実にもほどがある! 

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

人生は、不確実にもほどがある!

順風満帆の会社員人生を送れると思ったら、送れなくなってしまったり。

うまく行くと思ったら、いかなかったり。

期待していなかったのに、棚からぼたもちだったり。

人生思い通りにいかないものです。

もしかしたら、目標持たないで、ゆったり過ごすことが正解なのでしょうか。

なんだか、それは私は寂しい気持ちになってしまいます。

猫のマイペースは確実に穏やかな日々を送れそう。

目次

私の人生、不確実なことだらけだった

人生、思い通りにいかなかったぁと、しみじみ思うときがあります。

当初、人生の前半で思い描いていた私の一生は、こんな感じです。

  • お友達がたくさんつくれる(はず)
  • 宝塚歌劇団の男役になっていた(はず)
  • 競泳選手になって、せめて国体までは活躍していた(はず)
  • 音楽大学に行って、ピアニストとして食べていく(はず)
  • 臨床心理士になって、カウンセリングを生業とする(はず)
  • 多くの学生を世の中に送り出し、たまに行われる同窓会に呼ばれる(はず)
  • 税理士になる(はず)
  • 定年まで会計事務所で働く(はず)

もう、成りたかった自分に、あと一歩というところで、はしごが外されるの連続の人生でした。

あともうちょっとで、それで頑張れるかもしれないというところで、

親や環境でストップさせられていたのです。

だから、未だに満足した人生だったと思えません。

50歳すぎてから、未だ奮闘しているのは、理想だった自分に近づけたいから。

でも、それでいいのだろうかと、ふっと疑問もわいてくるわけです。

不確実にしてしまうわけ

不確実とは、明快に自分が思い描いていたことが、想定外のところで実現できないということをいいます。

まさに、夢敗れるということです。

これには、いくつか原因があることに気が付きました。

親ガチャ

私の人生前半での不確実なことは、すべて親がきっかけでした。

  • お友達をたくさん作りたい→あの子はやめときなさい。
  • 宝塚に入りたい→やめときなさい。あなたに日舞とバレエはできないでしょう。
  • 競泳選手になる→女子に向かないからやめなさい。
  • 音楽大学にいきたい→練習嫌いなあんたができるはずない
  • 臨床心理士になりたい→大学院なんて贅沢。もう十分学歴はそろっただろ。
  • 多くの学生を世の中に送り出したい→実家と飛び出したくて、早くに結婚してしまった。

全部私の思い描いていた人生は、ことごとく親によって却下されて続けました。

今思うと、お友達以外はすべてお金がかかるものです。

資金を準備してくれなかったんだなぁと、今なって思うのですが、素直に応援したいという気持ちがなく、私に能力がないと洗脳して諦めさせていたことに気が付きます。

もう、ここまでくると、毒親ですね。

親ガチャが、人生を不確実なものにする要因のうちの一つであることは間違いないです。

上司・先輩ガチャ

親ガチャがあれば、上司・先輩ガチャというものもあります。

いい上司や先輩に恵まれていたら、社会人人生も、確実なものになっていたかもしれません。

事実、私が会計の世界に飛び込んだきっかけが、いい上司と先輩のめぐり合わせだったのです。

でも、会計業界ではいい上司や先輩は、5本の指に入るくらいしかいません。

いるだけでも幸せと、怒られそうですが、そうではない人も多くいたのも事実なわけです。

こういった人と関わることで、自分の人生が不確実なものになっていってしまいます。

  • 税理士になる(はず)→職場環境から体調崩してドクターストップがかかる。
  • 定年まで会計事務所で働く(はず)→社内政治に……(略)。

税理士になって、事務所を構えてもっと社会に役立つ人になるはずだったのが、そうではない人生を歩んでいます。

マイナスなことだけではなく、プラスなできごとで、不確実な人生になっているのもあります。

こうやって、ひとりビジネスをする機会を得たり、Notionアンバサダーとして発信できている人生も、思い描いていた人生ではありませんでした。

まったくもって、不確実にもほどがある!

思い通りに人生を歩んでいる人は、どうやったら確実な人生にしていっているのでしょうか。

不確実にしているのは自分だった

ここで、不確実だったなと振り返ってみると、その当時はおおごとで大変だったわけですが、実はものすごく狭い範囲での出来事にすぎません。

唯一、確実なことは、自分が願っていることだけなのです。

本当に、宝塚歌劇に入りたかった?

本当に、競泳選手になろうとしてた?

本気で、ピアニストになろうとしていた?

すべて、なりたいなぁと漠然と思っていただけで、本気でなろうと思っていなかったことばかりです。

適当に夢をみていれば、それはすべて不確実なものになっていきます。

本気で、絶対になる!!という強い思いだけは、確実に存在させることができます。

それを忘れずに、継続していけば、自然と確実な人生を歩めるようになるのです。

人生確実にもほどがある!!

自分の本気だけが、実存させることができます。

人生は自分でコントロールできることを、忘れずに。

確かに、不確実なことだってあります。でも、そこに惑わされないように。

確実なことだけをみて、人生を歩んでいきたいものです。

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次