メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

フリーランスから法人成り 経理の違いについて

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

ひとり仕事に、2種類あるのご存知でしょうか。

個人事業主と法人です。

個人事業主は、ひとりで仕事をするのはイメージがあるかと。

法人でも、「ひとり社長」という取締役一人による会社設立が可能となっています。

実は、同じ仕事でも、この両者では、お金の意味が変わってきます。

今回は、従業員を雇わない、ひとり仕事の方が、会社設立したときの経理の違いについて、まとめてみました。

ひとり仕事 線路のように続けられるために。

目次

フリーランスから法人成り なにが変わるのか

個人事業主から法人成り(会社を設立する)を検討される方は、まずは会社設立のための、法的手続きに着手されます。
あくまでひとり社長の場合、ざっとこれだけの手続きになります。
(あくまで、イメージです。詳細は専門家に確認を)

  • 法人格を選択(株式会社・合同会社など)
  • 法人名義の決定
  • 本店の所在地
  • 定款作成と認証
  • 資本金の額を決める、そして払込
  • 登記のための書類作成と登記(役員名簿など)
  • 税務署への届出
  • 社会保険事務所への手続き

などなど。

今まで気楽にひとりで仕事をしていた中、これだけの法的手続きがあるので、ここまでやって設立したら、ほっと一息ついてしまいます。

でも、会社を継続させるには、ここで安心しないことです。

経理体制を整える作業が、設立後に続きます。

  • 法人名義の銀行口座の開設(謄本・定款の写し提出)
  • 法人名義のクレジットカードの作成
  • 会計ソフトの選定
  • 自分に対する報酬額を決める(ひとり社長の役員報酬)
  • 自分の報酬から源泉所得税を控除し、年末調整を行う。
    報酬金額によっては、その後確定申告も。
  • 社会保険料の納付

今思いつくことだけでも、これだけあります。

会社設立して、事業を続けていくことは、とてもメリットがあります。

しかし、経理事務が煩雑になるデメリットもあり、法人成りを躊躇する方もいらっしゃったりします。

でも、せっかくのお仕事。法人成りして、ひとりでも会社の社長として、働く楽しさも味わっていただきたいものです。

どうやったら、経理の煩雑さを軽減すればいいのでしょうか。

それには、事業のお金に対する考え方を、チェンジすることです。

お金はだれのもの? 個人と法人

個人事業主から法人成りをした、会社の社長さんによく見られることがあります。

それは、会社のお金=自分のお金 と考えることです。

実は、この感覚は、一日でも早く、手放すことをしていただきたいです。

 

社長は、会社の通帳残高が増えていくことに、大きな喜びを感じます。

会社は、自分の一番大切な息子だと思っているようです。

ここで、大切なのは、息子だといえども、社長と同じ人間ではないということです。

子どもだって、親からみたら他人。

法人である会社に対して、自分とは違う一番身近な存在にとらえる分には、全くもって問題はありません。

 

しかし、中には、会社=自分と思う方もいらっしゃいます。

確かに、プライベートなのか業務なのか、区別がつかない生活を送っていれば、そうなってしまうのも理解できます。

でも、会社と自分の境界線が、個人事業主当時のまま、引きずってしまうと、あとあと、面倒なことになっていくのです。

  • 経費にできない支出を会社の口座から支払う。
  • 会社名義のカードで、親戚の結婚式の旅費を支払う。
  • 簡単に、会社の通帳から生活費を引き出す。
  • 業績によって、給料を変えてしまう。

などなど、このような処理をすると、大変なことになっていく可能性が大きいです。

会社になったら、いままで個人事業主の自分のお金から、他人の資金になります。

社長は、その資金の管理を行うだけなのです。

人のお金で仕事をして、報酬をいただき、資金管理をしていく。

これが、法人成りしたあとの、お金に対する姿勢になります。

このシフトチェンジが、早くできればできるほど、経理に対する負担感が少ないのです。

領収書のその先を見通せる経理を目指そう

私が、よく新設法人の社長さんによく言っていたのが、

「その領収書が、決算書に出るのか、家計簿に出るのか、想像しながら経理してください」

です。

領収書を片手に、会計ソフトに入力すれば、その領収書は経費として処理することになります。

本来、家計簿に入れる領収書を、会社の会計ソフトに入力することになれば、それは、会社の資金を理由なく減らすことになるのです。

一枚の領収書から、そこまで想像できるかできないかで、その後の会社経理が軌道に乗るかどうか、変わってきます。

そして、決算書を読む技量を高めることにつながるのです。

 

会社は他人ですが、でも社長が一番ケアしてあげる存在です。

まさに、社長と会社は、親子関係とも言えるでしょう。

他所様の財布を預かるときに、正しく判断できる知識として、簿記の基礎を勉強しておくと、よりわかりやすくなります。

ひとり社長のための簿記超入門セミナー

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次