メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

子供の本こそ温もりを

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

すでに社会人になった子供たちが小さかった頃に買ってあげた本。

食べ物を触った手で、読んでいたのか、シミが盛大についたままです。

 

目次

春休みの掃除にいつも悩む本たち

 

私の親は、本だけは子供に無条件で買って上げるような人でした。

人に本を選んであげるのが好きだったようです。

 

その影響なのか、私もよく、子供たちに本を買ってあげました。

よって、我が家には、古い本がたくさん残っています。

 

なぜか、子供の本はなかなか捨てられません。

きっと、親から譲り受けた本を、後生大事に持っているからかもしれません。

※戦前に発行された子供のための本シリーズと、60年以上前に発行された浜田ひろすけ童話集。

 

特に、この浜田ひろすけ童話にある「泣いた赤鬼」が大好きで、子供の頃は大号泣しながら読んだものです。

 

このように思い出を超えて、骨董品になった本と過ごしているので、なかなか本を捨てることができません。

効率化第一、断捨離最高、と謳っている私でさえ、これらの本は捨てられないのです。

 

「売れば高いのでは」と言われたこともありますが、戦中戦後の混沌とした中、この本たちを抱いて避難した母の話を聞くと、

古本屋に卸せません。(よくも売ったなと夢枕に立たれるのだけは勘弁です。)

 

そのような理由から、毎回大掃除のたびに捨てられずに残してきました。

 

最初から電子化されていれば悩む必要がない

 

昨今のデバイスの発達で、絵本のKindle化が進んでいるようです。

全てiPadの中に入っていれば、置き場所に悩む必要ありません。

 

また、最近のZ世代では、iPad一つで授業に出て、勉強する人が増えてきました。

あの分厚い教科書を持ち歩いていないのです。なんて羨ましい。

 

そうなると、これからの時代は、もう紙の本は古いと言われてしまうのかもしれません。

本屋さんで、立ち読みしながら、時間を潰したり、絵本コーナーで絵本に戯れながら遊ぶ光景がなくなったりするのかもしれない。

そう思うと、なんだかセンチメンタルになってしまうのです。

これは、お年寄りの感覚なのでしょうか。

 

知的財産としての本、アウトプットとして量産される本

 

しかし、世の中は意外にもそんなに進んでいないようです。

小学校や中学校では、まだ紙の教科書やプリントが主流ですし、もちろん、受験の答案用紙も紙です。

 

また、Kindle本であれば、誰もが本を出版することができ、出版業界の流通に入らなくても、気軽にアウトプットすることができる時代になりました。

名作として、代々語り継がれる本と、量産される本。

この棲み分けが、これからははっきり分かれてくるのだと思います。

 

地元の図書館の子どもコーナーに行くと、絵本の読み聞かせが開催されています。

本の絵をちら見せながら、感情込めて読み聞かせすると、目や耳に入ってくる情報が限られます。

そうすると、子供の想像力は高まり、情緒も豊かになってくるのです。

 

やっぱり、子供の本こそ、紙であってほしい。多少よだれで濡れてもいいから、指に紙が吸い付く感覚を知ってほしい。

 

戦前の本を開くと、古い紙の匂いがして、一瞬に母の少女時代に戻ります。

紙の本の良さは、データとしてではなく、身体の五感を全てフル稼働してインプットするから、いいのかもしれません。

=編集後記=

【昨日のできごと】

午前中に、個別相談。午後からNPO法人関連の仕事で役所周り。
税務署では、定額減税説明会が行われ、駐車場が満車でした。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次