メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

簿記より資金繰り表が重宝されるわけ

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

 

簿記さえ知っていれば、経理は万全でしょうか。

実は、簿記だけでは、フォローしきれないのが、現実にあります。

それは、「資金繰り表」です。

経営者が興味あるのは、実は、月次試算表より資金繰り表に注視しているケースがあります。

 

目次

経理担当者の仕事で求められるもの

 

経理担当者は、おもに次の業務に当たります。

・支払い業務

・入金処理

・売掛金、買掛金処理

・銀行入出金明細の処理

・請求書、領収書の保存

・会計ソフトへの仕訳入力

などなど。

これらは、すべて「簿記」の技術を使って行われるものです。

そして、この業務の成果物として提示できるものが「月次試算表」や「財務諸表」と言われるものです。

 

しかし、実際の現場では、月次試算表より、重要視する帳票があります。

それは、「資金繰り表」です。

これは、お金の入出金の動きを表した表で、利益や資産や負債の残高を確認するものではありません。

故に、経理担当者は、簿記さえできていればいい、というわけではないのです。

 

資金繰り表とは

 

資金繰り表とは、手持ちの現預金の過不足を管理するためのものです。

業種や、会社規模によって、様式は様々であるため、「こうしなければいけません。」と明確に謳われたものではないのですが、

主に、次のお金の動きの増減を、表に表しています。

 

① 営業に伴うお金の出入りを記載する。

営業に伴うお金とは、仕事として活動している「営業活動」で、動くお金のことです。

・入ってくるお金

直接、売上で入ってくるお金

売掛金の回収で入ってくるお金

売り上げるまえに入ってくるお金(前受金など)

その他の雑収入などのお金

・出ていくお金

直接、仕入れて支払ったお金

買掛金の支払ったお金

カード払いのお金

人件費で支払ったお金

その他経費で払ったお金

これらを、「収入」と「支出」に分けて、集計していきます。

 

② 財務活動のお金の出入り

財務活動とは、本業とは別のお金の動きをします。

おもに、銀行等からの借り入れと返済、固定資産の購入と売却などがあります。

現実問題として、銀行借入れは、どの会社にもあります。

大きな金額が、どんと入金され、翌月から、月払いで返済していくので、通常の営業活動とは違うお金の動きになります。

また、固定資産も同様で、経費上は減価償却として毎年経費になるものですが、

実際のお金の動きは、まとめて最初に支払われることが多いのです。

 

以上のように、「営業活動」と「財務活動」にわけて、資金繰り表がつくられています。

 

 

資金繰りと簿記の違い

 

このように、簿記と資金繰りの考え方は、真逆といっていいほど、異なっています。

簿記は、取引を分解するためのもので、資金繰りは、お金の出入りを、集計するものです。

そういう意味で、経理担当者の手腕は、簿記だけではまかないきれないという所以が、ここにあるのです。

 

そして、会社が継続していくためには、この資金繰りが命となっていきます。

どんなに売上をあげても、回収がうまくいかず、支払うお金がなくなってしまっては、

元も子もありません。

だから、経営者にとって、月次試算表より資金繰り表が大切になっていくのです。

 

詳しくは、私のオンラインセミナーや、動画販売で、解説していますが、

経理業務の中に、簿記と資金繰りのタスクを、うまく組み込んで、漏れのないようにしていく必要があります。

ぜひ、日頃の業務の向上と効率化も含め、資金繰りの仕組みについて、整理しておくことをお勧めします。

 

=編集後記=

【昨日のできごと】

沖縄に滞在していました。大雨でしたが、梅雨の終わりを告げる時期で
比較的涼しい夏の前を堪能しました。

かずこのお気に入り
日常の中で見つけたお気に入りを、NotionページにUPしています。
今、 町中華のかた焼きそばにハマっています。

50代からのひとり仕事を楽しむ
ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

 

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次