メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

ひとり仕事のボランティアを考える

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

自然環境を守るボランティアの方の作品 By iPhone 12 mini

 

ひとり仕事は、自分の技術と時間を、売上につなげるよう、日々考えて働いています。

そして、今は、「自分の好きを仕事にする」と言われているように、

遊びと仕事の境目がない働き方をする人も増えてきました。

その中で、ひとり仕事のボランティアは、売上につながらない働きになります。

これは、ひとり仕事として、やっていいことなのでしょうか。

 

目次

タダ働きで搾取されるリスクがある労働者

 

海外では、「ボランティア」の文化が根づいており、寄付も当たり前の行為で行われています。

アメリカ発祥のPTAも、そのような文化から生まれたもので、対価をもらわず、自分ができる役務を提供するのは、当然のこととされています。

 

しかし、日本でのボランティアは、「奉仕活動」と訳されます。

丁稚奉公など、言葉のイメージから「修行」の意味合いが濃くなっています。

このように、今の日本では、労働者のタダ働き的な意味合いが強いため、「ボランティア」と聞いても、

対価を得て働く身としては、なるべく避けたいと思うのが心情です。

 

タダ働きとボランティアの違い

 

では、逆に、タダで働いてもらったとき、どうでしょう。

「タダより高いものはない」「タダでやってもらったら、なにかお返しをしなければ。」

このように、タダで優しくしてもらった時は、非常に緊張するので、人との距離感を、どう測ればいいのか、

わからなくなります。

しかし、それは、ただサービスを無料にしているだけであって、本当のタダ働きなのです。

この働き方は、ひとり仕事をする者は、避けなければなりません。

一番に生活を守る必要があるからです。

 

ところが、ボランティアとなると、全くもって意味が変わってきます。

ボランティアには、意志があって初めて成り立つものです。

・子どもたちの笑顔のために、イベントの手伝いをする。

・被災して困っている人の役に立つために、サポートに入る。

・地域のために、自治会の仕事を引き受ける。

などなど。

必ず、ボランティアには、働く意味を持って行われています。

これが、タダ働きとボランティアの違いなのです。

 

ひとり仕事でGiverになる指針を決めておこう

 

ボランティアの効果は、実は好意を受ける人はもちろん、意志を持って関わる人にもあります。

それは、社会に関わっている実感、目の間で人が喜ぶ姿、必要とされている充足感、自由な発想で解決できる充実感は、

ボランティアをする人の心に、おおきな充足感を得ることができるのです。

 

ひとり仕事で、対価を得る場合、

困っている人がいて、自分が得意とする技術で新しい価値を提供します。

ボランティアも、同じように困っている人に役務を提供していますが、そこから、新しい価値が生まれる可能性があるのです。

 

ボランティアは、究極のGiverです。見返りを求めず、ひたすら人のために、価値を提供し続けます。

一番気をつけなければならないのが、搾取だけされることでしょう。

本来のボランティアには、双方に利益がもたらされるのですから。

 

ひとり仕事のボランティアには、必ず、自分にとっても、得られるものがあるかどうか、よく検討しましょう。

Give&Takeな関係ではなく、互いにGiverになれることを、選択できるよう、自分軸を見失わないのが、大切です。

 

=編集後記=

【昨日のできごと】

お昼に、娘とランチ。ココスへ行きました。
季節限定の純氷かき氷のしろくまをいただきます。
夜は、Notionアンバサダーたちの飲み会へ。
今流行りのAIから、法人成り後の資産形成の話まで。
多岐にわたります。

かずこのお気に入り
日常の中で見つけたお気に入りを、NotionページにUPしています。
今、 町中華のかた焼きそばにハマっています。

50代からのひとり仕事を楽しむ
ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

 

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次