メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

中小企業の社長が見るべき経費「間接部門の経費」の扱い方

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

※ケーキを、ケンカせず均等に切るのは、難しい。

 

頑張って売上をたてているのに、思ったより利益が残っていない。

そんなことがありませんか。

 

おそらく、それは間接費が圧迫しているのかもしれません。

仕事に直結した費用だけ見てしまうと、本来売り上げなければならない金額から、

乖離してしまうのです。

このようなときに、「共通費配賦」という考え方を用いることで、本来売り上げなければならない数字が見えてきます。

 

目次

間接部門の考え方

 

ある程度、会社の規模が大きくなると、部門が生まれます。

例えば、A部門、B部門、管理部門の3つあるとしましょう。

 

A部門とB部門は、売り上げをもっていますが、管理部門は、ただ、費用が生まれるだけです。

おそらく、このような損益計算書になっているはずです。

A部門 B部門 管理部門 会社全体
売上 10,000 15,000 0 25,000
原価 7,000 10,000 0 17,000
粗利 3,000 5,000 0 8,000
販管費 0 0 5,000 5,000
営業利益 3,000 5,000 -5,000 3,000

A部門もB部門も、頑張って売り上げて、営業利益を残していますが、

なぜか、会社全体でみると、思ったより、利益が残っていません。

理由は、一つ。

管理部門にかかった経費があるからです。

 

正しい割合は存在しない

 

A部門だけの会社であれば、損益計算書の販管費も、計上されているので、

数字の把握はしやすいのです。

 

しかし、規模が大きくなると、部門が増えて、部門専属の担当者がつき、

会社全体より、自分たちの部門だけ考えるようになります。

つまり、会社が存在するための維持費でもある「管理部門の経費」を忘れがちになるのです。

このような場合、この管理部門の経費を、A部門とB部門に振り分けるようにします。

これが、「共通費配賦」というものです。

 

さきほどの部門別損益計算書は、このようになります。

A部門 B部門 管理部門 会社全体
売上 10,000 15,000 0 25,000
原価 7,000 10,000 0 17,000
粗利 3,000 5,000 0 8,000
販管費 0 0 5,000 5,000
配賦 2,500 2,500 -5,000 0
営業利益 500 2,500 0 3,000

各部門の粗利では、そこそこ利益を出していたつもりでしたが、

配賦された後の営業利益では、想像以上に利益が減額されているように見えます。

しかし、これが実態なのです。

 

ここで、一つ疑問が浮かびます。

はたして、この配賦の金額がただしいのでしょうか。

 

答えは、Noです。

 

例えば、この配賦割合を売上金額の割合で分けてみます。

売上割合の計算の仕方は、次のようになります。

A部門の売上(10,000)÷会社全体(25,000)✕100=40%

B部門の売上(15,000)÷会社全体(25,000)✕100=60%

この割合で、配賦をすると、以下のとおりになります。

A部門 B部門 管理部門 会社全体
売上 10,000 15,000 0 25,000
原価 7,000 10,000 0 17,000
粗利 3,000 5,000 0 8,000
販管費 0 0 5,000 5,000
配賦 2,000 3,000 -5,000 0
営業利益 1,000 2,000 0 3,000

おや。A部門の見栄えがよくなりました。比較的実態に近づいたようです。

 

しかし、数字に現れない費用があるのをご存知でしょうか。

例えば、会社の社長が、B部門にテコ入れをして、営業活動に精をだしていたとします。

そのおかげで売上が上がっているのですが、共通費の割合が、売上割合で振り分けられています。

 

ところが、実態は違うのです。

 

実は、社長の役員報酬は、管理部門から支出されています。

本来なら、社長の働き分をB部門に振っておくべきですが、それを無視して、A部門にも、社長の報酬分も負担している形になります。

A部門の責任者は、「おいおい、社長はB部門につきっきりだったのに。俺たちも負担するのかい。」

と、不満を抱いてしまいます。

このA部門の責任者が抱く違和感は、ある意味正しい感情なのです。

 

ここまで来ると、組織内の力関係に波及するのですが、それを織り込み済みにした上、

とりあえず、暫定的な割合で、配賦しているのが現状です。

正しくないけど、粗方、管理部門の費用を含めて、自分たちの売上金額が妥当かどうか、

検討するのが目的なのです。

 

まずは、間接費を把握しよう

 

中小企業といった、小さな会社の場合、そこまで必要ないでしょう。

しかし、この「管理部門の費用を含めて、売上計画を建てる」のは、大切なことです。

特に、社長さんは、売上や粗利だけ考えるのではなく、会社全体のバランスも考慮する必要があるのです。

 

まずは、自社の間接費(管理部門に該当する費用)にどんなものがあるのか。

いくら支出されているか。

使いすぎていないか。

この3点は、チェックしておくとよいでしょう。

そうすれば、会社のあるべき姿で、永続的な経営ができるようになります。

 

このような視点で、一度、損益計算書をチェックしてみてはいかがでしょう。

 

なお、私は、オンラインサロン「ひとり仕事経理塾」として、

毎週金曜日に、個人事業主向けの経理のノウハウをアーカイブで残しています。

すでに、決算書の読み方など、簿記の基本を解説しています。

Facebookのグループに参加していただければ、過去の配信動画もご覧いただけます。

興味がございましたら、ぜひ、覗いてみてくださいませ。

オンラインサロン「ひとり仕事経理塾」(無料)

 

=編集後記=

【昨日のできごと】

午前中に、個別相談。午後からNPO法人関連の仕事で役所周り。
税務署では、定額減税説明会が行われ、駐車場が満車でした。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次