メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

会計事務所出身者のその後の道について

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

会計事務所の仕事は、正直言って人気がありません。

「根暗」「税法好き」「融通効かない」などなど。

これらの逆を行く私には、到底務まらない仕事と思いきや、実は非常に楽しい職場でもありました。

私が思う、「良かった点」「イマイチだった点」から着想し、会計事務所出身の私が、これから何をしていくのかをお話しします。

繁忙期を終えると旅したものです。

目次

やっぱり厳しい会計の世界

  • ひたすら伝票や領収書を入力する。
  • 決算仕訳を入れて、確定申告書を作る。
  • 新しい税制改正があれば、研究する。
  • 月に一回、客先に行って会計監査をする。
  • そのときに、経理担当者や社長と、今月の数字について打ち合わせをする。

主な仕事は、こんな感じです。

そして、職員たちが仕上げた確定申告書を最終チェックして、サインをするのが、税理士である仕事でもあります。

また、客先に直接出向いて、税務の相談に乗るのも、税理士の仕事です。

普段の月次監査では、事務所の担当者が訪問します。

そして、会計事務所職員が一番テンションあがる(人に寄りますが)のが、税務調査でしょう。税法の解釈の違いから、調査官に交渉することもあります。

これが、会計事務所です。

お客様の財産を守る仕事でもあるので、非常に厳しいところもあります。

  • 仕訳、消費税コードを間違える。
  • 確定申告書の別表4と5の入力箇所を間違える。
    (法人税。最終的に所得金額が定まる箇所です)
  • 法人税、所得税を知らないと、怒られる。
    (これらを知らないと、申告書も作れません)
  • 所長先生の色で、働く環境が大きく違う。
  • お客さんによって、データの精度が大きく変わる。

私が一番大変だったのは、仕事の進め方に、事務所ごとの流儀があったことです。

一つは、とても自由に仕事をさせてくれる事務所、もう一つは、お客様に対して回答するメールでさえ、所長にもCCで送らなければならない事務所も。

このように、仕事内容は、ほぼ変わりないのですが、事務所によって、カラーが異なるため、大変な面もあります。

会計事務所のよさ

この申告書作成までに至る過程は、とても大変ですが、月次監査で、直接お客様とお話しする仕事は、とても有意義でした。

売上が順調、逆に厳しいなど、状況によってお話しするテンションが変わることもあります。

しかし、困っている時こそ、苦境を脱する方法を、会計の見地からお話しすることができます。

おかげで、少しずつ経理が整備されていく姿を見ることができ、この仕事で本当によかったなと思えるようになっていきました。

会計事務所の良さは、たった一人で、いろんなケースを知るということです。

一つの会社だけでは知り得なかった、世界を見ることができます。まるで、一俳優がいろんな役を演じて、いろんな人生を生きることができるのと同じなのかもしれません。

会計事務所職員のその後の人生は?

会計事務所を自前で構えるには、税理士資格が必要です。

では、税理士ではない会計事務所職員のその後は、どのような道をたどるのでしょうか。

  1. 税理士試験を受けて、税理士になる。
  2. お客さんだった会社の経理担当者になる。
  3. 会計の世界から、足を洗う。

おおよそ、この3パターンに見られます。

あとは、中小企業診断士の資格を取得し、創業支援などの計画書作成の仕事を請けるケースもあります。

 

しかし、私のケースは、一般的といわれるケースのどれにも含まれていません。

私は、フリーランスで、月次巡回をする仕事を目指しています。

会計事務所でいうと、「記帳指導」「経理業務の提案」といったことです。

また、やられている方もいらっしゃいますが、発信までされている方はごく少数です。

 

資格を取得すれば、売上も得やすくなるでしょう。

しかし、私は書類作成の仕事ではなく、経理から会社の状況を類推し、日次や月次の仕事が効率化を目指しています。

書類作成が主体である資格の取得は、今の所、考えていません。

 

あともう一つ、私の人生の中で、一番有意義だった仕事は、「インストラクティブ」つまり、ものを教える仕事でした。

小さい子の水泳指導から、インストラクター養成学校でProになろうとする学生への指導。そして、経理を初めて行うお客様に対しての記帳指導など。

お客様ができることが増えるごとに、表情が明るくなる様子を見ていると、本当に嬉しいのです。

仕事の環境を整えるのが、業務改善です。お金をかけずに自分たちの力で環境を整えることを知ると、お客様たちの自信に繋がります。

そのサービスとして、記帳指導やセミナーでのレクチャーをさせていただいています。

また、経営者にとって、一番大事なのが、人的環境です。

社長の奥様、経理担当者、ビジネスを取り巻く環境。この3点を充実させていけば、社長の仕事も、安心して成長していきます。

成功する経営者がもつ3つのこと

今後は、「経理担当者」「社長の奥様」といった方々のサポートサービスも始める予定です(2023年1月から)

このように、会計事務所経験者の活用場所を広げて、一人でも多くの方々にスキルを提供したいと考えています。

それが、経営されている方、その方を取り巻く人に、役立てればなお嬉しいですし、私の後に、会計事務所出身者の可能性が広がる未来ができたら、なお嬉しいものです。

現在は、雇用の形でしか、これらの仕事ができないと思われています。

しかし、今後は個人がフリーランス、ひとり仕事として活躍できることを認知していただけるよう、自分軸をそこに定めて参ります。

応援の程、お願いいたします。

オンラインショップ

個別相談

経理バックオフィス改善プログラム

経理顧問

=編集後記=

【昨日のできごと】

沖縄に滞在していました。大雨でしたが、梅雨の終わりを告げる時期で
比較的涼しい夏の前を堪能しました。

かずこのお気に入り
日常の中で見つけたお気に入りを、NotionページにUPしています。
今、 町中華のかた焼きそばにハマっています。

50代からのひとり仕事を楽しむ
ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

 

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次