メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

繰り返し続けることで強くなる アーチ橋に見る心の強度を上げる方法

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

小さなカーブだけど、連なることで、強くなります。

強度を計算すれば、当たり前の答えですが、それを目の当たりにしてみると、人の強度も、もしかしたら計算できるのかもしれないと思っちゃいました。

連続アーチ橋のビュースポット。聖地巡礼ではありません。私の日常の場所です。

目次

知らなかったけど珍しいらしい、地元のアーチ橋

手賀大橋は、私がセーリングするときによく拝んでいる橋です。

この橋の存在で風がコロコロと変わる要因で、出艇、着艇の難易度が上がるので、正直なところ、ヨット乗りにとっては力が試される厳しい場所でもあります。

私は、この地に住むようになってから、30年すぎております。

その間に、旧手賀大橋から新手賀大橋に変わる過渡期を知っているので、少しだけ、この橋にまつわる話をしましょう。

水難事故が多い場所だった

この土地の歴史を調べると、昔、大きな水難事故があった記録があります。

当時は橋ではなく、渡し船のようなもので、人の往来を支えていました。

昭和19年に起こった、学校の研修で集まった先生方50人近い人が定員を遥かに超えた乗船で、多く殉職してしまった事件が今でも語り継がれています。

水深は深くないし、そんなに幅も広いわけではないのですが、冬は圧倒的に水温が下がり、穏やかだと思ったら、急に風が入れ替わって風力が強まったり、とにかく難しい場所です。

そこで、昭和39年に、最初の大橋が竣工されました。

別のところで使われていた橋の資材を利用したため、材料不足となり、岸から相当な距離を埋め立てて、橋の距離を稼いだ設計になっていました。

私が覚えている旧大橋の限界

当時の写真が見つからなかったので、柏市公式ページから借用させていただきました。

おわかりでしょうか。できたばかりの新手賀大橋の手前に、茶色の橋が水面スレスレのところに架かっているのを。

これが、旧手賀大橋です。

片方ずつ開通させながら、新旧の橋を利用していた貴重な時期の写真です。

橋の部分は、黄色の線で囲った、たったこれだけ。あとは、両岸から盛土でつくった道路がきて、車は、水の上を走るような形で、沼を渡っていたのです。

この盛土が、沼の水質を悪くした原因の一つにもなって、また、周辺の人口増加により、交通量が増えたため、始終交通渋滞を起こしていた状態でもありました。

記憶にあるのは、一度、この橋を渡って国道6号から国道16号にいくのに、1時間以上かかっていたこと。

いまでは、たったの15分あれば、スイスイ行けます。

橋の下から見上げると

こうやって、いろんな問題をクリアしながらできた橋は、土木の世界では、とても有名になっているようです。

冬の時期、水の館展望室からのながめ。緑が少ないので、橋の構造がよく見える。

こうやって、アーチが連続している橋は、どこでも作れるものではないようです。

手賀大橋をしたから仰ぎ見る

とくに、この橋マニアにとって、したから構造を見るのは、とても貴重です。

 

こうしてみると、橋は、大きな構造と、小さな構造のかけ合わせで、強度を保っていることがよくわかります。

仕事で必要な心の強さはどのくらいか

人は、鋼鉄ではないので、弱くなる時期があったりします。

でも、強くいられる形をつくっておけば、多少弱っても大丈夫だと気づきます。

そして、自分がどんなタイプなのかを知ることで、どんな構造が適しているのかわかります。

橋の構造の種類。国土交通省北海道開発局HPより

圧倒的な技術や能力、カリスマ性、影響力など、強いものをもっていれば、吊橋や斜張橋のような、雄大な橋が向いているのかもしれません。

しかし、小さく小回りの効く控えめなタイプなら、桁橋やトラスといった構造が、適しているかもしれません。

自分が、どのような規模になりたいか。目指す場所がどのような場所なのか、

それによって、自分を支える構造を選ぶようにします。

私は、連続アーチ橋の構造を選択してみようかと思っています。

まずは、ひとつアーチをつくり、それを繰り返し続けることで、橋を大きくしていく方法です。

最初から強度を決めてしまうより、橋をつくりながらアーチのカーブを決めて連なっていけば、臨機応変に対応できるはずです。

実際の土木の世界では、最初からしっかりと強度計算をして、材料等を定めていきますから、こんなアバウトな作り方はありえません。

でも、人の心は、環境や状況によってゆらぎがあります。

ただ強いだけではなく、柔軟になることも求められるので、最初から計算し尽くさないほうが、良い心の橋ができるのです。

大きなタスクと小さなタスクも同じ考えで

一つのアーチの中に、たくさんの小さな構造が掛け合わせています。

橋の作りを、タスク管理に落とし込んでみても、面白いかもしれません。

自分のいる環境によっては、大きなアーチが一つでいいかもしれないし、手賀大橋のように、連続したアーチにしたほうがいいかもしれません。

その中に、また細かい構造があって、その繰り返しがまるで、タスクをこなす日々の自分と似ているように感じたのです。

タスクを繰り返して習慣化し、何も意識しなくても、継続できるような自分に変わるこそ、これぞ人にとっての強度があがることだと思うのです。

自分にとって、一番最適なルーティンを見つけたら、これこそ強みです。

 

今回取り上げた手賀大橋は、できる前から周辺の人の生活を支えるために、いろんな方法がとられてきました。

当時できることで、とにかく人の往来を支えることが、昔から今も変わらない思いです。

渡舟から、資材が足りず、盛土でカサを稼いだ旧大橋。そして、満を持して土木業界でも珍しいとされる連続アーチ橋へ。

人の成長も同じです。

そのとき、そのときできる方法で、自分を支える橋を作っていきましょう。

陳腐でもいいわけです。必ず、次にグレードアップした橋を作れる時が来ます。

その日まで、ルーティンを繰り返して支える橋を強くしていくのです。

ちょっと、強度が足りないかなと思っても、繰り返し繰り返し続けること。

そんな構造の橋をもっておけば、この先、なんとかなるものです。

=編集後記=

【昨日のできごと】

だいぶ体調が元に戻ってきたので、ChatGTP 4oにチャレンジ。NPO法人のホームページの工程表作成を手伝ってもらいました。
根気強く、お願いすることを分解していく作業は、まさに人にお願いするのと同じだと、痛感しています。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次