メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

経理の味方になる人がいない問題

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

※妖怪経理おばさんは、本当にいるのでしょうか。

 

組織が大きい所の、経理部門は、チームで仕事をしますが、
大抵の中小企業など、規模の小さいところは、ひとりで経理担当者が配置される事が多いです。

この場合、一つ問題があるとすれば、
「経理の味方になる人がいない」問題です。

 

経理のモラルを守ろうとすると、ちょっとでもズルしたい人たちに、
煙たがれる事が往々にしてあります。

 

このような時、経理担当者のメンタルは、どのように守ったらいいのでしょうか。

私の考えるポイントを押さえておけば、少しは気が楽になるかもしれません。

 

 

目次

各組織に生息する経理の鬼

 

規模の小さい組織には、経理担当者がひとりで立ち回る事が多いです。

このような組織のトップが、経理に理解があればいいのですが、
トップ自身も、少しでもズルしたいと思うケースが大半です。

つまり、理解のあるトップがいる組織は、大抵規模も大きくしているわけで、
経理部門をはじめとしたバックオフィス体制を、重点に置いています。

経理担当者を孤立させることは、まずありません。

 

しかし、経理担当者が、健全な経理を守ろうとすると、理解のない組織の中で浮いてしまう事が起こってしまうのです。

このため、経理のモラルを低くして、ストレスを緩和させようとするのか、
怖い経理の鬼となって、君臨するのか、

選択します。

 

確かに、ここで、モラルを落とせば、楽かもしれませんが、
恐ろしいことに、人間の潜在意識に、「ズルしている」が刷り込まれて、
ストレスを潜在化させてしまうことで、気づかぬうちに、心を蝕まれてしまいます。

ここが、ひとりで経理を担当する怖さでもあるのです。

 

1人で経理モラルを守ろうとすると大変

 

一つ、方法があるとすれば、その組織の顧問税理士など、外部の専門家にメンターになってもらうことです。

しかし、顧問税理士を選択するのは、組織のトップに決定権があるわけですから、
自分と相性のいい担当者が来てくれるか、運を天に任せるしかありません。

これが、雇われの経理担当者の辛いところです。

 

あと、現場に協力者を作っておくことですが、これも、運です。

たまたま、いてくれたとしても、すぐに退職してしまうなど、人間関係を築くのにも、
厳しいものがあります。

 

仕事とはいえ、皆が経理を理解できる保証がないわけですから、仕事環境として、あまりお勧めできない職種となってしまうのです。

 

そこで、私は、組織のトップの方こそ、経理を理解すべきだと提唱させていただいているのです。
経理担当者の、メンタルヘルス問題は、深刻な状態であるので、
みんなで解決すべきものだと、思っています。

 

仕組みに任せてマシーンに徹する、そして「ありがとう」

 

まずは、経理担当者の根性に頼るのではなく、
経理を仕組み化(ブラックボックス化させない)を試みることです。

個人の感情に影響されないワークフローを作って、組織全体で回すということです。

この時、うまくいかなかったら、経理担当者のせいにせず、みんなが協力できなかったことを、しっかりと受け止めるようにします。

こうすれば、経理担当者ひとりの肩に、重責を負わす事がなくなります。

 

経理担当者自身も、ひたすら決められた手順で、淡々と処理を進めることに徹します。

もし、間違いなどあったら、温情や思いやりといった感情をいれず、現場担当に戻すようにすれば、
後は、現場の責任になります。

もし、これで、月次決算が遅れて、組織のトップが苛立ちを隠さないのであれば、
どこに問題があるのか、明確に報告する事ができます。

組織のトップの方も、ここで経理担当者に押し付けるのではなく、仕組みを上手く回せないのであれば、仕組みを改善する方向で、考えていただきたいものです。

 

そして、もし、スムーズに処理ができたら、現場の人に、経理から

「ありがとう」

と発信すれば、皆、経理担当者も血が通った人間であることに気づいてくれます。

 

経理担当者は、孤独です。

しかし、経理ができないと、組織は回りません。

経理担当者の機嫌は、組織の鏡です。

 

鬼になるか、女神になるか。

 

それは、皆さん次第かもしれません。

=編集後記=

【昨日のできごと】

ひさしぶりに、ヨットセーリングをしました。
無風の中でしたが、徐々に風が出てきて、ハイクアウト(ヨットから身体を出して仰け反って風に抗うこと)の練習ができました。

かずこのお気に入り
日常の中で見つけたお気に入りを、NotionページにUPしています。
今、 町中華のかた焼きそばにハマっています。

50代からのひとり仕事を楽しむ
ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

 

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次