メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

ガジェット好きが「物が多すぎ」と言われる件

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

ガジェット好きな我が家は、3人家族です。

しかし、自転車が5台あります。3つしかお尻がないのに、サドルは、自転車についているのも含め、7つほどあります。

「お尻が1つしかないのになんでそんなに自転車があるの?」

これに対抗する答えを考えてみました。

私のロードバイクと子どもの自転車。

目次

こだわる者は用途を分けがち

例えば、鎌倉彫の彫刻刀。

※ときに切出刀は、右、左、細の3種類取り揃えてます。

 

「弘法は筆を選ばず」と言われますが、色んな形をした刃を取り揃えないと、あの美しい彫りは表現できません。

道具の良し悪しに関係なく、最高の成果をあげられるのは、ごく限られた人だけです。

殆どの人は、いい道具であり目的に特化したもので仕事をしないと、正しい成果を生み出すことは難しいはずです。

仕事と趣味で、反応が異なる

仕事であれば、まだ納得はいただけると思います。

しかし、趣味の場合はどうでしょうか。

こればかりは弁解の余地がないのでしょうか。

私は、堂々と「道具の種類が多くて何が悪い」と低姿勢に開き直るようにしています。

ガジェット好きであることを公言するのです。

例えば、先程のことわざ「弘法は筆を選ばず」ですが、本当にどんな道具でも、弘法は作品を作り続けていたのでしょうか。

たまたま、その場に居合わせたときに、書を書くことになって、その場にあった筆でしたためるのであれば、ありえそうな話です。

しかし、問題は、その用途に耐えられない道具で、コンテンツの精度を維持していたかどうか、なのです。

私は、筆であれば何でもいいはずはないと思っています。

普段では、目的に合った筆で書いていたからこそ、突発的な事態においても、字を書けたにすぎないのです。

この、責任持って「継続」するのであれば、状況に左右されずに、限られたエネルギーを仕事に全振りできるようにするのが、プロなのです。

用途に分けて、道具を取り揃えることは、至って当たり前なこと。

私は、「物が多いね」を「プロとしてかっこいいですね。」と受け止めるようにしています。

道具は身体の一部、いやシナプスである

あと、実際に道具を使ってみて感じるのは、

道具はただの物ではなく、身体の一部であることです。

 

・思い立ったときに、写真に納めたくて肩からかけたストラップにスマホをつける。

・カフェを見つけてすぐに仕事ができるように、ノートパソコンは高性能かつ軽量なもの

・チェックと説明ができるようiPad mini6とモバイルキーボードを持ち歩く、

などなど。

 

これらは、頭の中でふと浮かんだことが、即形にするための手段としてガジェットなのです。

視野に入ったものを、手に取ろうとして腕と指を動かすのと全く一緒です。

移動手段の足、ものを手元に持つ手段としての手、思考を形にするためのガジェットなのです。

もう、これは、体の一部であるといってもいいのではないでしょうか。

もし、家族がこだわりマンだったら

我が家では、ガジェット好きが複数人います。

私は、性能の高さを大事にしているので、買い替えを躊躇なく実施しているのですが、

もうひとりは、一度使ったものを絶対に手放さないモノを溜め込むタイプなので、かなり厄介です。

互いに価値観が違うので、お互いの物に対して悪態をつくという、よくない状況でもあります。

よって、モノを持っている人に対して、よくない感情を持つことも十分に理解しているつもりです。

 

では、ガジェット好きな家族に対して、正しい対応とはなんでしょうか。

それは、ガジェットを使い尽くす環境を積極的に応援することです。

例えば、「お尻が一つしかないのにサドルや自転車が多い」というケース。

持っている自転車で能力を発揮できる環境に、積極的に送り出すしかありません。

つまり、その人のパフォーマンスを最大限に発揮できる場所を認めることです。

その道具がないとわからない世界は、永遠に理解することは難しいでしょう。

であれば、そこは諦めて、「私の代わりにいい景色を見てきて頂戴」と、こちらのこだわりから距離を置くようにすれば、先方も変わってくれるかもしれません。

 

それでも、物が多いことにアレルギーが出てしまいます。
別の方法を考える必要があります。そうなったら、そうなったで、状況を受け入れるしかありません。

物が多く持っている人に対して、どんどん使わせてあげたいものです。一目置いてくれます。「ありがとう」と心から感謝されるでしょう。

そうして、その成果を、還元してもらえるようになります。自分にとっても利点があるはずです。

=編集後記=

【昨日のできごと】

だいぶ体調が元に戻ってきたので、ChatGTP 4oにチャレンジ。NPO法人のホームページの工程表作成を手伝ってもらいました。
根気強く、お願いすることを分解していく作業は、まさに人にお願いするのと同じだと、痛感しています。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次