メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

香りで心を整える効果

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

季節は、嗅覚に宿ります。

五感を時々思い出すことができれば、「私は大丈夫」と思うようにしています。

花の香りで、その時々の季節を感じるので、これからやってくる厳しい季節を迎え撃つ準備もできます。

大きくなった金木犀から、強い香りが放たれています。おもいっきり秋を堪能できます。

目次

母と祖母のお墓参りは、百貨店のコスメカウンター

私は、香りが大好きです。

高級コスメブランドのパルファムも好きですが、ハーブから抽出されたアロマも好きです。

特に、ジャスミンの香りがお気に入り。

仕事場であるスタンディングデスクには、始業前の気合を入れるために、香りを置いています。

デスクツアー 押し入れをスタンディングデスクに 緑と香りでより集中する工夫

 

こんな私を育てた母も、香りが好きでした。必ずおでかけするときは、お気に入りのパフュームを耳の後ろにつけて、おめかししてでかけたものです。

末っ子だった私は、いつもそんな母の手を握って、どこに行くにも付いて行きました。今となっては、懐かしい思い出です。

母は、たった一つの香りしか使いませんでした。

昔、家族で旅行した(残念ながら私が生まれる前)海外のコスメカウンターで、店員さんに「あなたなら、これね」と勧められたものを、ずっと使い続けていたのです。

その香りは、ディオールのディオリッシモ

ディオール公式ページより

「イランイラン」「スズラン」「ジャスミン」の調香です。

お墓参りの季節になると、私は、百貨店に行きます。

ディオールコスメティックのカウンターに行き、事情を話してムエットに吹き付けていただきます。香りから、母を思い出すことで、弔いの代わりにします。

随分と、手を抜いているように思われるかと。でも、この嗅覚から、故人を偲ぶことで、より奥深く眠っていた記憶を呼び覚ますことができます。

これが、私流の弔いです。

 

ちなみに、祖母ももれなく、一つ気に入った香りを持っています。

祖母が愛用していた箪笥には、必ずシャネルNo.5が入っていました。

ということで、ディオールに行った後は、シャネルのカウンターに寄ります。
また、ムエットに吹き付けていただいて、そこでも故人を偲ぶのです。

 

遠い場所へ、墓参りしなくても、近場で済ますので、手抜きとも思われるかもしれません。

しかし、私にとっては、普段馴染みのない墓地に行くより、香りの方が記憶と共に、故人を思い出すことができるのです。

アロマの効果は、脳に効く

このように、香りは、記憶を呼び覚ますのに、とても有効です。

この仕組みについて、ここでは詳しく追求しませんが、脳の疲労には、香りによる癒しが効果的であることは、ご理解いただけるはずです。

 

右手の大きな手術をした直後、手のむくみがなかなか改善できずにいました。

そうしたら、作業療法士の方から、「アロマが効くみたいですよ」と教えていただき、むくみに効果があるとされる「ジェニパー(セイヨウネズ)」が含まれているマッサージオイルを使い始めました。

そうしたら、あれよあれよと、むくみが解消され、リハビリもやりやすくなったのです。

あれは、アロマが直接効いたというより、その香りから脳にインプットされて、「むくみを解消するのだ」と錯覚した可能性もあります。

体の痛み、不眠、炎症など。不定愁訴と言われる不調の元を、香りで軽減する効果もあるので、困った時のお守りとして、香りをも持ち歩くことをやってみるといいかもしれません。

季節ごとの香りを決めておいて、一年間のリズムを整える

私は、季節の変わり目に体調を崩しやすい子どもでした。

特に、春から夏にかけてです。よく熱を出しました。

それもあってなのか、季節の変わり目に、自然と決まった香りを常備するようになりました。

春→夏は、ペパーミント。
このバスパウダーを湯船に入れて、冷房疲れを癒しています。

マーク&ウェブのバスパウダー。

夏→秋は、外に出て、自然の香りを楽しんでします。
今は金木犀の香りです。近所にあるコスモス畑で、控えめな花の香りも好きです。

秋→冬は、特に嗅覚が敏感になります。歳によって移り変わります。
かつては、スパイシーなオリエンタルな香りを重宝していましたが、今では、ヒノキなど樹木の香りを守護神にしています。

冬→春は、フローラルな香りに、白檀の香りがプラスされたものを愛用しています。

年間通して、気合を入れるのに、パンピューリのジャスミンの香り(サイアミーズ)を愛用しています。

 

年齢とともに、または体調によって、好みの香りは変わります。

時間がなくて焦る気持ちや、物悲しい気持ちになるのは、この年齢を迎えた女性特有のものかもしれません。

困った時に、予め決めておいた香りを、肺の中にいっぱいに入れることで、深呼吸もできて、気持ちが落ち着いてきます。

「最近、歳かな」と不安に感じることがございましたら、嗅覚を利用した癒しを、とりいれてみてはいかがでしょうか。

=編集後記=

【昨日のできごと】

だいぶ体調が元に戻ってきたので、ChatGTP 4oにチャレンジ。NPO法人のホームページの工程表作成を手伝ってもらいました。
根気強く、お願いすることを分解していく作業は、まさに人にお願いするのと同じだと、痛感しています。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次