メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

今思っていることが正しいとは限らない

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

「今度のクリスマスプレゼントは、〇〇のクリスマスコフレがいい!!」

メイクに興味を持たなかった子どもが、最近色々と研究し始めたようです。

中学生の頃は、「絶対にメイクなんてしない!!」と豪語していたのに。

この変わりよう。

人は、どうやら変化し続ける生き物なのかもしれません。

風向が変わりました。それに対応していくセールをトリミングします。

目次

子どもの鮮やかな裏切り

これは、親である私の責任です。

コスメが大好きで、子どもがまだ乳飲み子だった頃から、豪遊しておりました。

日本橋のとある百貨店にて

未就学児から小学生くらいの時は、同じカウンターに座り、お絵描きをして時間を潰させていました。

とあるカウンターでは、小さなお子様用に絵本まで用意していたほどです。

こうして、親の趣味に突き合わせてきた代償は、それはそれは根強いものになっていきました。

「絶対に、メイクなんてしない!」

はい。そうでしょうね。

本当に悪いことをしたと反省したものです。

でも、好きなことに熱中するのは、悪いことではないはずです。

問題は、親の趣味に付き合わせたことです。

中学生に上がるころには、「メイクなんてしない!」と宣言されたのです。

 

でも、それからたったの数年後の今。

子どもはドラッグストアコスメには必ず立ち寄り、母親のデパート巡りにも、しれっとついてくるようになりました。

また、「リップ一本なら買ってあげるよ」と言ったら、即予定を変更して親の買い物についてきます。

今、彼女のもっぱらの悩みは

「自分に合ったアイラインをどうしたらいいのか」

です。

この変わりよう。

あまりにも豹変したので、彼女に聞いてみました。

「人ってね。変わる生き物だよ。変わらないのは人じゃないから」

と、しれっと言い切っております。

私は、グーの音もでませんでした。

今思い描いていることが正しいとは限らない

これは、子供だからと片付けていい話ではないと思っています。

大人である私達でも、この「日々変化していく」ことは日常茶飯事なのです。

私が生業としている経理では、この変化は許されるものではありません。

一度決めたルールは、よほどのことがない限り、変更しないのです。

でも、大枠である業務フローを改善する勇気は持って頂きたい。

そう願って、せっせと業務効率のご提案をしています。

今のやり方がベストではないという、疑いの目を持ちながら、積極的に良い方へ選択していくことは、私の中では良しとしています。
(経理担当社の方が翻弄されるのは別です)

これは、人間関係でも同じことが言えます。

ある時期には大変お世話になったけど、数年立てば、縁遠くなるのは、悲しいことではなくで、相手あるいは自分が変化していったと言えるのです。

この私がひとり仕事を選んだ時は、自分でもよく思い切ったなぁと思っています。

かつての自分だったら、絶対にフルタイムで働くことにこだわり続けていました。

それも、求められる業務に自分の得意分野が含まれることに、最大限優先してきました。

よって、通勤時間は後回しにして、通勤+勤務で1日の2/3を溶かしていたものです。

40代まではよかったのです。

でも、年齢とともに、身体も変化していき、長時間通勤+勤務が身体を蝕むようになっていったのです。

そこで、今まで絶対に選択してこなかった「ひとり仕事」「独立」「個人事業主」の道を選びました。

これは、わたしにとって大きな変化でした。

絶対にこうでなくてはいけない。

そんな思い込みは、所詮思い込みであり、正解ではないのです。

逆も然りです。

絶対にひとり仕事が正解とも言えません。

今後どうなるかわかりませんし、今のところはひとり仕事としてやっていますが、ひとりじゃない仕事も始めたりするかもしれません。

一度宣言したけど、前言撤回の勇気はなかなか持てません。

ここは、子どもの自由な言動に見習ってもいいのではないでしょうか。

変動の多い社会です。

こだわるべきもの、臨機応変にするもの。

ここは、自由に決めていいのです。

責任と自己実現の間でやっておくこと

とはいえ、一度始めたものは、責任が伴うのが大人です。

「やっぱりやめちゃいましたぁ」

それはそれで、「あ、そうですか」で済まされますが、

一旦お支払い頂いたもの、またファンなってくれた方に対しては、きちんと責任を示すべきです。

やり続けることを言っているのではなく、方向転換したら、それなりのフォローはきちんとしましょうという話です。

それが怖くて、変化せず惰性で続けるのも、ある意味無責任かなと思っています。

まず、自分自身に対して、裏切り続けているということ。

そして、それによって、助けられる人が助からないということ。

実際に目に見えるわけではないので、あまり気にしないのが普通でしょう。

でも、この私が身を挺して反省しているのが、

  • 自分への裏切り
  • 私のサービスを利用されている方や、交流して関係が築けた方に対して、私というリソースを提供できない時期があったこと

この2点につきると思うのです。

 

「ねえねえ、ファンデーションってつけたほうがいい?」

そんな質問をしてくる我が子。

私は、丁寧にファンデーションに頼りすぎる弊害を語って聞かせます。

もし、私が子育て中ということで、子どもに合わせて自分の好きを諦めていたら、この答えを子どもに提示することができなかったなずです。

やっぱり、やりすぎたかなと思ったとしても、好きを好きでいることに胸張っておくことでしょうか。

それが、無駄に大きすぎる変化を防ぐ、唯一の方法なのかもしれません。

=編集後記=

【昨日のできごと】

沖縄に滞在していました。大雨でしたが、梅雨の終わりを告げる時期で
比較的涼しい夏の前を堪能しました。

かずこのお気に入り
日常の中で見つけたお気に入りを、NotionページにUPしています。
今、 町中華のかた焼きそばにハマっています。

50代からのひとり仕事を楽しむ
ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

 

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次