メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

「私、IT音痴だから」は、もう通用しない。

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

スマホを使っている方は、すでにIT音痴とは言えません。

「え、でもパソコン使えない」
「スマホではもっぱらオンラインゲームとLINEしか使わない」
「ドラッグストアのアプリくらいかな」

大丈夫です。もう、あなたはすでにりっぱなITの使い手になっています。

ITわかりません、とはもう言えないのです。

スマートフォンのモバイルSuicaで「ピッ」。スマートフォンひとつで、どこにでも出かけられます。

目次

スマートフォンひとつで、遠出ができる時代

すでに、財布という言葉は、死語になる日が近づいています。

かつては、財布ひとつで買い物に出かけられた時代でした。

でも、今は、財布がなくても、一日外で過ごせるようになっています。

首からスマートフォンを下げて、外で過ごしていても、全く困ることがありません。

一人でいても、誰かとコミュニケーションを取り続けることができます。

逆に、スマートフォンがないと、生きていけない私達になっているのです。

 

今、みなさんのスマートフォンに入っているアプリを見てみましょう。

ちなみに、私のiPhoneには、次のものが入っています。

  • モバイルSuica
  • 銀行アプリ
  • クレジットカードアプリ
  • マイナポータル
  • 各種店舗のポイントアプリ
  • コミュニケーション系アプリ(メール、slack、Discordなど)
  • 生体管理アプリ
  • iPhoneデフォルトアプリなど

もう、ほぼ財布と連絡の機能しか持たせていません。

このように、スマートフォンにアプリをインストールすることで、自分好みの設計ができて、電子の力で、社会生活を成り立たせることができています。

もう、これが「The IT」なのです。

昭和から平成までは、

「私、IT音痴だから、できないの……」と甘えることが、可愛いと言われていた時代ですが、

今は、「え、パソコンも使えないのに、まだガラケーですか。どうやって、社会生活をしているんですか」

と不思議がられてしまいます。

今、手元にあるそのスマホ。それ自体が、ゴリゴリのITの機器であり、それをカスタマイズして使用している私達は、すでに、ITのスペシャリストと言えるのです。

どうやったら、IT音痴と思わないようになるのか

でも、どうしても「私、IT音痴だから分からないの」と言ってしまう方。

おそらく、それは、本当の意味の「IT」を知らないからだと思うのです。

 

かつて、ITとは、ゴリゴリのエンジニアのことを指していました。

すみません、ゴリゴリと言われても、ピンと来ませんよね。

コンピュータールームという、パソコンやサーバーが積まれた部屋に籠もって、

日夜、プログラミングを通して、使えるツールを作る人のことを言います。

確かに、その作業をするためには、パソコンを操作するための言語を勉強するなど、専門的な知識と技術がないと、なし得ない仕事でした。

でも、それは、昔の話です。

今は、エンジニアでもない人でも、自分でツールを作れる時代がやってきたのです。

例えば、代表的なものでいえば、iOSのショートカットです。

パソコン=ITだった時代では、Excelの関数、マクロ、RPAといったコードを書くことで、パソコンを自動に動かす機能は、特別なやり方を勉強しないとわかりませんでした。

でも、iPhoneの中で、ショートカットを通じてアプリの稼働を設定できるようになっています。

スマート家電で、仕事部屋の電気をコントロール

それも、画面にある「+」ボタンをタップするだけで、なんとなく作れてしまうのが、今のiPhoneなのです。
(すみません、Androidについては、まだ勉強不足な私です)

そもそも、アプリを自由に選べて、ダウンロードして、自分好みのスマートフォンに仕上げられる事自体、かつてのエンジニアが一生懸命にやってきたものと同じです。

昔のIT音痴と言われていたことを、今に置き換えるとこんな感じです。

  • アプリを選択することができない
  • ダウンロードすることもできない
  • LINEで友達とつながることができない

さて、今、IT音痴を自負されている方へ。

もう、IT音痴と自分のことを過小評価していることに、お気づきになられたでしょうか。

これから求められる「生きる」ためのIT力

かつては、足腰を鍛えないと、老後が大変と言われていました。

いまでは、多少足腰が弱っても、安価なロボットが助けてくれるようになっているかもしれません。

逆に、この「IT力」を鍛えておくことが、必須になる時代がやってきます。

今は、すべて、アプリで事が済む時代です。

確定申告だって、アプリでできてしまう時代です。

資産管理も、アクティビティも、コミュニケーションも、すべてアプリで済まさせる時代になったのです。

そのうち、遺言書をアプリで作成して保存する時代がくるのかもしれません。

AIがアプリとして、入れることもできています。

いい感じの文書を作成する優秀なものも、そのうち出てくるでしょう。

すでに、私の部屋は、スマート家電で、音声操作ができるようになっています。

自分にとって、必要なツール、そうではないツールを判別する目も養っていかないといけません。

人に、スマートフォンを預け、アプリ操作まで人に託していると、いつなんどき、搾取されるかもしれません。

他人に財布を預けることはしませんよね。

それと同じです。

 

もう、「IT音痴」という言葉は、存在していません。

パソコン操作が慣れていない。ただ、それだけなのです。

これから、生きていくのに必要なのが、

「今、どんな便利なアプリがあるのかな」という好奇心。

それだけなのかもしれません。

=編集後記=

【昨日のできごと】

だいぶ体調が元に戻ってきたので、ChatGTP 4oにチャレンジ。NPO法人のホームページの工程表作成を手伝ってもらいました。
根気強く、お願いすることを分解していく作業は、まさに人にお願いするのと同じだと、痛感しています。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次