メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

子供嫌いだからこそ子育てに向いている話 思春期編

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

小さい頃の子供は、幻想に過ぎないのです。

 

「小さい頃は、あんなに可愛かったのに。」

「最近、年頃になったら、冷たくなった?」

 

親は、子供の成長を残念に思うことがあります。

 

 

それは、「子離れ」です。

 

親世代である我々は、子供が思春期を迎えるとき、改めて人間関係の難しさを思い知らされます。

 

思春期が激しい場合、淡々と双方ともに、乗り越えていけるのは、親子関係がある程度ドライな人ほど
うまく行っているようです。

 

「え?親子関係がドライって、それは良くないのでは」と思われるかもしれません。

しかし、実際に思春期の修羅場を経験された親御さん方は、親子関係の再構築を成功され、

後々いい関係を保たれています。

 

親子関係を知ることで、自分の人間関係の癖を見直すことができるのではないでしょうか。

ドライな関係によって、どのような効果があるのかを知っておけば、
自信を持って、子供との距離を置くことができます。

 

 

 

目次

嫌いだからこそ共倒れしない

 

思春期における、子供の変化は、様々なところで起こります。

もちろん、骨格の成長、第二次成長期によるホルモンバランス、内蔵の成長のアンバランスなど。

幼虫が成虫になるサナギの中で、一旦ドロドロした状態になるのと同様のことが、

子供の体のあちこちで起こっているのです。

 

これで、子供に対して冷静になれ、というのは酷でしょう。

 

お子さんによっては、それほど激しいことにならず、
淡々と親子関係を取り持つことができるかもしれませんが、

幼少期での育て方に、あまり関係ありません。

子供から大人になろうとする状態なので、思春期の状況は、子ども自身が選んでいると思っていただいていいでしょう。

 

もし、親子が蜜月な関係だった場合、子供のホルモンバランスが崩れているところに、
一緒になって親も崩れてしまいます。

しかし、ドライな親子関係であれば、どんなに子供が崩れても、親が単体で立ち続けているので、

いずれ、子供は、そこを足がかりに立ち直ることができるのです。

 

 

嫌いだからこそ効率化できる

 

これは、幼少期から言えることですが、子供とある程度距離を置いている人は、

子育ての効率化を躊躇なく考えます。

「え?それって、かわいそうじゃない?」と言われても、自分が倒れないように
ある程度の手間を、切り捨てています。

 

食事に手間暇かけず、とりあえず食べられるものがあれば、なんでも利用するし、

洗濯物を、芸術的に畳む必要もないし、

まして、子供部屋なんて、掃除すらしない。

 

それで子供が困るなら、自分でやれば。

 

とつけ離すことができるので、格段子育てが楽になります。

手厚い子育てより、薄く続けられる子育てへ。

 

このことに気づいていたのは、ある程度子供嫌いな人が多かったです。

 

嫌いだからこそ笑っていられる

 

嫌いな子供が、失敗したとします。

この時、子供嫌いな人は、内心、ホッとします。

「え?子供がかわいそうじゃない?」

 

大丈夫です。失敗から自分で立ち直ることを、ここで子供自身が学ぶからです。

下手に、かわいそうと手を出してしまえば、子供は1人で失敗する経験を失ってしまいます。

 

ここで、「あははは。いいんじゃない(適当に言い放つ)」と親があっけらかんとしていれば、

子供も、親は助けてくれないことを悟り、自分の頭で考えるようになります。

 

子供の「親離れ」は、ホルモンバランスの影響に身を任すので、ほっとけばいいのですが、

親にとっての「子離れ」は、理性を持って行わなければならないので、難儀になっています。

 

ここは、意識して、「子供嫌いになってみる」くらいで、ちょうど良いのです。

 

親子関係から、学べることは、日常生活に溢れる自分とその他の存在との関係です。

 

今現在の人間関係や、仕事に対しても、ある程度嫌いでいることが、
必要以上に執着することを防いてくれます。

 

ちょっと親子関係がうまくいっていないなあ、と思ったら、おそらく、他との関係もギクシャクしているかもしれません。

ここで、子供に執着せず、嫌いになってみると、いかに不必要に絡み過ぎていたことに気づくのです。

 

本当に嫌いになったら、早く独り立ちさせればいい。

これも、子供にとって、いち早く自分の人生の舵取りができる幸せにつながるのだから。

 

親子関係に悩んでいる方、安心して、子供嫌いになってみてください。

 

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次