メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

変わることに怖がってしまうのは、悪いこと?

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

人は、変化することに一番嫌う傾向があります。

頭ではわかっているのに、どうしても身体が追いつかない。

でも、これって、当然な反応なのです。

これから、どんどん変化する時代に突入します。

私たちは、どう乗り越えていったらいいのでしょうか。

昔ながらの、駅改札。浅草駅にて。

目次

ライフステージが変わるときに儀式があるわけ

入園式、卒園式、入学式、卒業式、入社式、結婚式、そして、人生最後にはお葬式……。

人生で、大きく環境が変わる時、必ずセレモニーがあります。

これは、どうしてでしょうか。

予め、環境が大きく変わることがわかっていると、人は一致団結して、一緒に乗り越えようとします。

これが、セレモニーなのです。

このような、式をすることで、本人も、受け入れる大人たちや仲間が、

「大丈夫!!」と声を掛け合うのです。

こうして、人は、環境変化のストレスを軽減する工夫をしてきました。

でも、なぜか「離婚式」や「退職式」がないのが、気になります。

おそらく、それは各々やって頂戴、ということでしょうか。

新しい環境を、仲間で迎えるのか、個人で立ち向かうのか。それによって、セレモニーのあるなしがあるようです。

人の心的ブロックとは

変化に対して、人は、拒絶反応を見せます。

私は、これを「心的ブロック」と呼んでいました。

変わることを、頭でわかっているのに、どうしても受け入れられない人をたくさん見てきました。

口では、「やりたい!!」と公言しているのに、いざ具体的に変化が伴うと拒絶してしまう……。

これは、本能です。

変わることで、命の危険を感じるのです。

例えば、スキー場の上級者コース。

初心者は、足がすくんで立ち上がるのもやっとです。でも、滑降することができません。

しかし、慣れている人は、いとも簡単に、滑降することができます。

全然、滑り出しに躊躇しないのです。

平気な人は、別の新しい急斜面に行っても、最初は少し考えますが、次の瞬間、滑り出すわけです。

このように、変化に慣れている人とそうでない人の違いは、単なる場数が違うだけなのです。

もし、心的ブロックがかかってしまうなら、それは、ただ知らないことに対して、自分の身を守ろうとしていることを理解しておきましょう。

理想は、乗り越えたいけど、躊躇してしまうなら、なんとかして、その心的ブロックを外す必要があります。

変化するときにつける「命綱」とは

日本最大のアスレチック。ときけば、高さ数十メートルのある塔に、たった一人で立ち、隣の塔まで、ロープ一本で滑り出すアクティビティを想像します。

もう、完全に命の危険を感じます、というか、危険な状態です。

でも、安全に、楽しむことができる工夫がされていることで、人は喜んで、非日常のハラハラをこぞって体験します。

なぜ、それが可能なのでしょうか。

それは、命綱があるからです。

そして、下には、落下防止の網が張り巡らされています。

安全策を講じているから、人は危険な状況を楽しめることができるのです。

これは、アスレチックに限った話ではありません。

職場のシステム変更も、人によっては、高所を渡り歩くほどの危険を感じる人だっているのです。

となれば、命綱をつけて差し上げればいいだけです。

どんな命綱がいいのかは、人や環境によって変わります。

自分にとっての命綱は、どんなものがいいのか。思いを巡らせて見ましょう。

私の場合、徹底的に新しいことに、まずはチャレンジすることを繰り返してきました。

これが、結果的に、人生の命綱になったのです。

おかげで、新しい生き方にチャレンジすることができました。

もし、心的ブロックがかかったら、新しい命綱を見つけていきましょう。

これからの時代は、どんどん変化していきます。AIがとんでもない発展を成し遂げているかもしれません。

そんな状況に戸惑わないように、小さな新しいことにも、まめにチャレンジしていきたいものです。

=編集後記=

【昨日のできごと】

午前中に、個別相談。午後からNPO法人関連の仕事で役所周り。
税務署では、定額減税説明会が行われ、駐車場が満車でした。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次