メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

ひとり仕事の競合他社研究

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

競合他社研究とは、ババ抜きでいうカードを捨てていく行為と同じです。

自分の手元に残った唯一のカードを見つけるためです。

他社を真似るための情報収集をしてしまうと、その時点で負けてしまいます。

人のモニターを覗いて競合他社研究?

目次

違法性のある競合他社研究は、すでにスパイ行為

「え、それって違法性があったんだ」

回転寿司業界で起こった事件は、ビジネスをする私たちに驚きを隠せませんでした。

かっぱ寿司社長が、前職のはま寿司のデータを不正に持ち出した事件です。

これは、行き過ぎた競合他社研究の見本ですね。

飲食店業界に限らず、私の前職だった会計事務所界隈でも、同じリスクを背負っています。

一人の巡回監査担当者は、複数社担当しています。

会計データを取り扱うわけですから、機密情報も簡単に知り得るわけです。

だからと言って、それを、同じく担当している別の会社から、「情報が欲しい」と言われても、言えないのです。

こんなことは、誰でも理解しているし、社長たちもその部分は理解いただいていました。

本音では、他社でどんなことをしているのか、聞きたくてしょうがなかったはずです。

ひとり仕事で勝ち残る方法

ひとり仕事で、生き残る方法は、たった一つです。

大手企業や、他の人がやっていないことを、「継続」して「発信」することです。

素敵なメニューや、コンテンツは、その付属物に過ぎません。

 

資金力も、人海戦術にも、大手と同じことをしようとしたら、まずは負けます。

大手だからこそできないことに、ひとり仕事の価値があるのです。

マーケティングの基本でよく言われる「ニッチな分野」であると同時に、市場の需要があるものを提供すれば、それでOKなのです。

また、たったひとりであるため、大きな儲けである必要はありません。

 

ひとり仕事で言われる「競合他社研究」とは、誰もやっていないことを確認するために行うのです。

ひとり一人、この世に生を受けて、生きてきたこと自体が、奇跡であります。

他社の真似をするため、情報を得ようとしたら、いつの間にか、行き過ぎた情報収集に勤しんでしまうリスクがあるのです。

競合他社研究とは、自分探し

そうはいっても、何から手をつけたらいいのかわからない場合、似たような考えの人で、成功しているケースを真似ることはアリでしょう。

しかし、そのまま続けても、その成功者と同じ成果を上げることは、まず無理です。

誰もやっていないことを見つけて、形にして、発信することを、永久に続けるしかないのです。

そういう意味で、競合他社研究を突き詰めることは、究極の自分探しなのです。

 

ババ抜きは、まずは手持ちのカードから、捨てられるものを捨てていきます。

それと同じように、自分の中でできることから、他社がやっていることを除外していくのと似ています。

そして、最後にババを手元に残った人が負けです。

けれども、ひとり仕事においては、いかに個性の強いババを持っているかが、勝因となります。

間違えた競合他社研究をしないように気をつけたいものです。

=編集後記=

【昨日のできごと】

午前中に、個別相談。午後からNPO法人関連の仕事で役所周り。
税務署では、定額減税説明会が行われ、駐車場が満車でした。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次