メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

悩みがあれば、お金の流れをチェックしよう

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

悩みや困りごとが起こっている場合、たいていお金の流れに無理があります。

小さな川にも、なだらかな流れがあります。

目次

学校に行くべきか悩む思春期の子どもたち

親や先生から「学校に行くものだ」と言われて、学校に通っていた私は、

なぜ、学校に通わなければならないのか、よく分かっていませんでした。

そのまま、大人になり、惰性で社会人になり、いろいろあって今に至ります。

しかし、昨今の思春期を迎えた子どもは、色々と悩んでいるようで、

「なぜ、学校に行くのか、理解できなかった」といいます。

こんなとき、親はどう話してあげればいいのでしょうか。

私は、仕事柄、お金の流れを記録する仕事をしています。

学校の成り立ちを、お金の流れで見てみると、なぜ学校に行くべきなのかわかるのです。

そもそも学校にはどんなお金が流れているか

子どもを学校に通わせる場合、スポンサーが必要です。つまり、親のお金で学校に行っています。

このお金の流れを、学校を中心に見てみると、面白いことがわかります。
以下、私立学校の場合を考えてみます。

  • 学生の入学金や授業料など
  • 地方自治体からの補助金
  • 私学共済からの補助金
  • 寄附金収入

これらのお金で、教育が行われています。

学校の先生への人件費、施設投資や整備など。

これによって作られた環境に、身をおいて勉強し、友達と交流できていることを説明しました。

「もし、学校に行きたくないなら、授業料を払っている親の行為とズレている。
であれば、お金の流れを正さなくてはいけない。あなたが行きたいところに、お金を流すようにしないといけない。学校の補助金も、生徒の頭数で金額が決まる。学校に行けていないのに、君の分も補助金でているから、おかしなことになるよ」

このように説明すると、本人は少し理解したようです。

お金の流れを読むことで悩みを整理する

銭勘定の実情を話して、夢もロマンもないと思われるかもしれません。

しかし、お金という流れを見ることで、自然と抱えていた悩みのループから離れることができるのです。

経理に没頭することで、頭がクリアになって冷静に経営を知ることができる、あれと一緒です。

感情に固守しすぎると、自分から正しい現状を把握することが難しくなります。

ここで、一見何も関係ない経理を自分ですることで、こだわっていた気持ちが少しずつほぐれていきます。

ある種単純作業をやることで、自分のこだわりから離れることがよくありますが、まさに、経理がそれにあたると考えています。

 

結局、その子はどうなったのでしょうか。

大人の話に乗せられたのもあるかもしれません。けど、自分なりの答えを出したようです。

「やっぱり、学校に行く」

この事例で、お伝えしたかったことは、経理は自分でやったほうが得だということです。

仕事を通して、いろんな悩みが生まれます。

そのようなとき、一旦抱えている感情を手放すことで、冷静になります。
ただ、飲み食いで発散しても、先延ばしするだけ。
ただ、淡々と経理をすれば、答えも出て解決への一歩に近づけることができます。

悶々と悩むことがあれば、一旦領収書整理でもやって見ると気持ちが落ち着くので、やってみては。

=編集後記=

【昨日のできごと】

午前中に、個別相談。午後からNPO法人関連の仕事で役所周り。
税務署では、定額減税説明会が行われ、駐車場が満車でした。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次