メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

Notion導入 性格タイプ別攻略法

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

昨今、ノーコードで誰でも組み上げることができるシステムとして、

Notionがもてはやされています。

金額も通常のシステムより安く、且つ利用する自分等で作り上げることができるので、

より使いやすいシステムを、メンテナンスも自分たちで維持することができます。

 

そんな夢のようなものを、導入しないという選択肢はない。

そう思う各社のDX化担当者は多いはず。

 

手懐けるのが難しそうな猫  By SONYα7

 

しかし、現実には、そうは問屋が卸さないものです。

導入する障壁となるものは、環境でも予算でもなく、実は「人」なのです。

人によって、アレルギーを起こさずに受け入れることもあれば、

一旦は変化への拒絶をされてしまうこともあるのです。

 

そこで、今まで私が体験したケースをもとに、

タイプ別導入対策をまとめてみました。

 

目次

Notionにすぐに順応するタイプ

 

ここで、はっきり申し上げることは、

どっちが良くて、どっちが向かない。

ということではありません。

 

それぞれの得意不得意であるだけで、優劣は絶対にないのです。

 

すぐに順応する人は、継続が苦手ですが、

すぐに反応しなくても、一度納得すれば、よりマニアックなやり方を見つけてくれたりします。

 

このように、人の得意不得意を見極めて、Notionを導入することで、

DX化担当者のストレスも随分と軽くなるのです。

 

 

早速、タイプ別の攻略法を見ていきましょう。

 

いきなりNotionページを共有して、すぐに活用してくれるタイプは、

「普段から業務の改善を考えていた人、改善後のイメージを持っていた人」です。

 

実際に、Notionを導入した父母の会で、一番に使いこなし、

ページやワークスペースまで、どんどん育ててくれた人が、このタイプでした。

NotionWorkspaceの育て方

 

この場合、どんどん好き勝手に進めてしまうので、手綱をひく必要があります。

しかし、現場で活用してくれることで、その人の周囲も

「お、結構いいものなんだ」と認識してくれるのは、大変助かります。

 

このような人に、現場でのNotionリーダーとして育てることができ、社内での定着がいち早く可能となるので、

とてもありがたく、導入しやすいケースになります。

 

Notionにいち早く順応するタイプ

長所:

すぐに活用してくれて、周囲をいい空気にしてくれる現場リーダーになってくれる。
導入時に必要な細かい取り決めをする必要がない。

注意ポイント:

どんどん進めてしまい、全体の統一を崩してしまう可能性が大きい。
導入後の運用に、目を配ることが必要。

 

 

とりあえずペンディングするタイプ

 

次に、すぐに飛び付かず、今までのやり方から変えることに躊躇するタイプは、

Notionの導入に時間がかかります。

 

私の知っているケースでは、1年ほど経過して、やっと良さを実感していただいたところもあります。

 

このように、今までのやり方を変えたがらない訳は、ちゃんとあるのです。

・今までのやり方で問題意識がなかった。

・勤勉性、誠実性が高く、新たなやり方にリスクを感じる。

・自分のやり方に自信があり、変化の必要性を感じていない。

 

必要性を感じていない人に、「Notion」という得体の知らないものを使っていただくには、

まずは拒絶反応を和らげることから、始める必要があります。

 

この場合、最初から完璧に組み上がったものを導入せず、簡単なことから始めることをおすすめします。

私は、この導入編として、経理連絡用から始めるようにしています。

 

どうしても、Notionを使わないと仮払金が支払われない、とか

Notionを飛ばして、電話で依頼しても受け入れてくれなかった、とか

Notionを使わざる得ない状況にしてしまうのは、まずは経理が一番適しているなのです。

ここで、Notionに入力さえすれば、自動的に処理されてお金が振り込まれることを知ると、

用心深いタイプの人は、徐々に心を開いてくれます。

 

そうしたら、会社によって違うかもしれませんが、次の導入段階に入って、

少しずつできることを広げていくようになるのです。

 

 

このように、少しずつ積み上げて導入してきたNotionに対して、善福の信頼を得ることができます。

 

長所:

新しいシステムが本当に有効なのか、継続できるかどうか、よく考えてくれる。

注意ポイント:

導入を急ぐあまり、いっぺんにシステムの入れ替えをすると、拒否反応を起こす。

事務手続きなど、あまり悩まないで使える経理連絡などから入り、少しずつできる範囲を広げるとよい。

 

 

相手を見ながら臨機応変に対応することが成功の秘訣

 

このように、導入する時は、実際に使う人のタイプを見極めて計画することが大切です。

ただ、「Notion入りまーす」で、いきなり招待メールを送りつけることは、避けるようにしましょう。

特に、昨今のリモートワークで、十分なコミュニケーションをとることが難しくなりました。

こちらは説明したつもりでも、相手が納得しているか、押し測る必要があるのです。

 

あと、タイプ別の分け方として、ITリテラシーの有無によって、導入方法が違っています。

パソコンのブラウザを常に使える人なのか。

スマホ中心に使っていて、パソコンは職場にいる時だけ使っているのか。

その人のIT環境によって、Notionの使い勝手は雲泥の差が生じています。

 

この場合は、スマホで利用することを想定して、ページの構成は単純にしておくと良いでしょう。

 

 

このように、環境や人を見て、いかにスムーズにNotionを浸透させるか、作戦をよく練る必要があります。

一度、Notionの良さを知っていただくこと。

これだけは、しっかりと見極めるようにいたしましょう。

=編集後記=

【昨日のできごと】

お昼に、娘とランチ。ココスへ行きました。
季節限定の純氷かき氷のしろくまをいただきます。
夜は、Notionアンバサダーたちの飲み会へ。
今流行りのAIから、法人成り後の資産形成の話まで。
多岐にわたります。

かずこのお気に入り
日常の中で見つけたお気に入りを、NotionページにUPしています。
今、 町中華のかた焼きそばにハマっています。

50代からのひとり仕事を楽しむ
ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

 

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次