メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

新しい時代が来る前の準備とは 水戸偕楽園の好文亭から教わったこと

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

有象無象の流行り病に慣れてきて、これから新しい風が吹いてくるとかこないとか。

一体何が起こるのか、全くもってわかりませんが、何やら時代がうごめいているのは確かです。

でも、私達は何をしたらいいのでしょうか。
誰も教えてくれない、そんなとき、歴史上の人物からヒントを得ることができます。

徳川斉昭が思考を練って鋭気を養うための部屋「好文亭楽寿楼」

目次

考えるための時間と場所をまず作る

梅まつりが始まったばかりの偕楽園。

そこは、水戸藩九代藩主の徳川斉昭によって造園されました。

まだ、3割ほどの開花で、これから見頃でしたが、混んでいないため、ゆっくりと散策することができました。

この偕楽園には、「好文亭」という斉昭が建てた建造物があります。

昭和20年に水戸空襲で全焼したのですが、昭和30年から3年かけて復元されました。

これは、迎賓館的な意味合いがあったように思えます。

1階

こじんまりとした作りです。広くて4畳から6畳ほどの部屋が10部屋ほどあります。

奥御殿1階 紅葉の間

すべてに花の名前がつけられています。ここは客間の意味合いがあり、ところどころ、家来が控える「入側」が点在しています。

2階

ここは、1階と3階の大きな踊り場みたいなところです。

3階に藩主である斉昭が過ごす間があります。緊急時にすぐ対応できるように、「武者控」という、用心棒が控える間だけになっています。

大河ドラマの見すぎでしょうか。

ここに、刀を肩に寄せ付けて、控える武士を想像します。

3階

ここが、圧巻です。

斉昭が一人で過ごし、ごく限られた人だけが訪れることができる間です。

3階に上がったとたん、風が優しく吹き抜けます。

薄暗い1階とより暗がりの2階と違い、まるで別世界です。

 

このような大きすぎず、ミニマムに作られた御殿ですが、斉昭がとても大切にしてきた気概というものを、強く感じます。

京都がきらびやかな晴れの場所なら、ここは斉昭の脳内といったものでしょう。

まさに「Notion」を立体化させたような建造物です。

ここで過ごすために、すべてのものを大切にして、時間を作ってきたんだろうと。

そして、これからの時代に、なにやら今までは違う、答えのないものを、懸命に柔軟に考え、次なる手を練るための部屋なのです。

考えるための場所と時間を作らないと、考えることもできません。

忙しい日常に追われているなら、ほんの15分。職場にいるなら昼休みの時間など。

現代の私達にも、何かしらできることがあるはずです。

遠景を眺める、花を愛でる

さて、この3階にある「楽寿楼」からの景色がこちら。

好文亭3階の楽寿楼からの眺望。水辺の向こうのビル群がない時代。半端ない遠景だったにちがいない。

なぜ、2階ではなく3階なのか。

わかった気がします。

この眺望で、視野が広がり、自然の風が吹き抜けて、頭に酸素が行き渡るようになります。

あえて、1階は天井を低くして、御殿への入り口も狭く、薄暗い場所を多くした造りですが、

3階に上がると一気に心が晴れ渡るようになっています。

ここで、これからの時代をどう生き抜くか。日本という国をどうしていけばいいのか。

江戸から離れた水戸の地で、「考える環境」を作った藩主の先見の眼に感動すらします。

 

ここで、私達が取り入れることができるのが、

「高い場所から遠くを見る」「自然(梅・桜など)を愛でる」

です。

スカイツリーの展望台もOK。家のマンションのベランダからもOK。

普段は、モニターをにらめっこして、背中を丸くして仕事をし続ける現代人には、

顔をあげて、高いところから遠くをみて、風をうけて酸素をいっぱい身体に取り込むことが必要です。

そうすれば、ふっとしたアイディアとか、生まれるかもしれません。

今使える技術で新しいものを作れるか

2022年11月初旬、京都にてNotion全国ミートアップで訪れた老舗料亭。

ここには、電気で動く古いエレベーターがありました。

京都鴨川 鮒鶴さんのエレベータ。舞妓さんがエレベータガールをしていたそうです。

そして、こちらが本当の日本で最初のエレベータです。

楽寿楼の脇にある配膳の間にある、配膳用エレベータ。3階から1階を覗いてみた。

さすが、徳川斉昭さん。自分が動かなくても、食べることを効率的に考え抜いて、

こんなものまで造っていらっしゃいます。

小学校の給食を、最上階まで運ぶ、配膳用エレベーターの元祖がここにありました。

1階から3階の配膳室を見上げてみた。滑車が見えます。からくりは井戸と一緒。

昔の人なら、配膳係の女性を使って、1階から3階まで階段で運ばせていたでしょう。

でも、ミニマムに仕上げたこの御殿。おそらく人も多く置かなかったはずです。

少ない人数で、効率を考えて、使える技術で新しい仕組みを作り上げたことに、感動すらします。

 

ここから、徳川慶喜が育ち、明治維新を迎えます。

その始まりが、この場所だったことが、時代が変わる前の過ごし方に、少し参考になったように思えます。

  1. 考えるための時間と場所を作る。
  2. 考えるときは、眺望のいい場所、自然を愛でる場所、そして風が通る場所で。
  3. 今使えるツールで、なにか新しい仕組みを造ってみる。

これに尽きるのかもしれませんね。

忙しい現代の我々には、長期の休みを取ること自体、大変なこと。

でも、ほんの数十分でいいのです。昼休みは、建物の外をでて、自然の空気の中で過ごしてみましょう。

=編集後記=

【昨日のできごと】

ひさしぶりに、ヨットセーリングをしました。
無風の中でしたが、徐々に風が出てきて、ハイクアウト(ヨットから身体を出して仰け反って風に抗うこと)の練習ができました。

かずこのお気に入り
日常の中で見つけたお気に入りを、NotionページにUPしています。
今、 町中華のかた焼きそばにハマっています。

50代からのひとり仕事を楽しむ
ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

 

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次