メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

CanvaAI を使って自分の仕事をコラージュしてみた

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

私が普段利用しているツールに、AIが搭載されました。

Notion、Canvaです。

その中で、CanvaのAIを使って、自分の仕事をコラージュしてみました。

お絵かきするときは、左に美しい作品を眺めながら。気のせいか、少し洗練される?

目次

CanvaAIは、テキストで描画する

CanvaAIとは、テキストでイラストや写真を合成してくれるツールです。

名前は「Text to Image」といいます。

文字通り、テキストでイメージを作るものです。

早速、一つ試してみましょう。

「社長、中小企業」と打ちます。

おっと。漢字変換を確定しようとインターキーを押したら、勝手に選び始めてしまいました。

「社長」という文言で、勝手に生成始めます。

いやいや、トランプ大統領でもなく、優雅にバカンスしてそうなリゾート島でもなく。

困りましたね。漢字変換時は気をつけましょう。

タブキーで、テキストを打ち続けていくとよいでしょう。

注意点は、そのくらいです。

さっそく、コラージュを作る

仕事のコラージュ作りは、ひとり仕事をする上で役に立ちます。

自分ができること、それを求めている人、そのマッチングができれば、仕事は成り立ちます。

まずは、それを自分の中でイメージできているかを、コラージュ作りを通してやってみます。

自分というアイコンつくり

Twitterのアイコンのように、自分自身を表現できるものを作ります。

私の大きな特性は、「シルバーヘアー」です。まずは、これから生成してもらいます。

「美しい白髪をした女性のイラスト」でやってみました。

良さげなものを、まずは白紙のボードに貼っていきます。

イラストでは美化しすぎたので、写真ペーストのものを作ってもらいます。

「美しい白髪の女性」だと、こちらがでてきました。

確かに、美しい白髪の女性ですが、私は日本人です。

ちゃんと人種を特定しないと、永遠に西洋の美しい人ばかり表示されます。
(◯レイ◯ーイみたいな美女ばかりだったので……)

日本人と指定しますが、どうも私のイメージにあいません。

ということで、最初のイラストの白髪の美女に、私のアイコンになってもらうことにしました。

背景を決める

次に、コラージュの背景を生成してもらいました。

背景は、16:9のサイズにします。

赤矢印のところで、生成するデザインの縦横比を決めます。今回は真ん中の「横」を選択します。

デフォルトでは、正方形になるので、アイコンづくりの場合は、特に設定する必要はありません。

なんとなく思いついたのが「さざなみ」です。住んでいる千葉県のイメージでもあります。
(「房総半島を走る特急さざなみ」)

「さざなみの背景」と打つと、そこそこ良さげのものがあります。

 

次に、お客様になりうる方々のアイコンを探します。

「社長」だと、どうも大統領をセレクトしてしまうので、「日本の経営者」にしました。

しかし、「ゴルフするおじさま」「リゾートホテルにあるバーでお酒を嗜むおじさま」など出てきてしまいます。

いけませんね。それじゃないです。

そこで、「働く人」にしました。しかし、これもアメリカの人がでてきてしまいます。

「日本の労働者」と打ったら、ピンとくる方々がやっと生成されました。

その他の素材は、いつものCanvaの素材からセレクト

AIが得意なのは、文章から絵を生成することです。

とくにこだわりのないものなら、いつものCanvaの素材から選ぶといいでしょう。

その方が早いです。

こうして、簡単に作ってみた私のコラージュは、こちら。

私の得意なことで、提供できること。

それが、どのような方々に役立てるのか。

そして、どのような温度でサービスを提供するのか。

すべて、このコラージュで表現できています。

だいぶ、自分自身を美化させていますが……。いいんです。

気持ちは若いので。良しとします。

 

自分では絶対に探し出せない画像を提案してくれる

実際に、作ってみて、とても楽しかったです。

いろんなテキストを打って、あーでもない、こーでもないと試行錯誤する楽しみもあります。

しかし、ここで要注意事項が一つ。なんと、1日で生成する件数に上限があったのです。

1日で生成できるイメージの上限は、カウントしていないので定かではありませんが、

およそ、10回未満のようです。もしかしたら、8回?

油断していたので、ちゃんとしたカウントがわかりません。

ただ、何回も質問を変えて自分のイメージにより近いものを生成したいので、この上限がなければもっと使い勝手がいいのにと思います。

やはり、一回で質問できるよう、質問力を高めるしかないですね。

適当に言えば、機械がいい感じに仕上げてくれる、そんなできた職人さんのように働いてくれるわけではありません。

ここは、人間の方が試されるのでしょう。

 

みなさんも、自分の仕事をイメージしたコラージュを作ってみてください。

実際に仕事するとき、それを眺めながら商品を作っていけば、ぶれないという副産物も出てくるかもしれませんね。

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次