メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

私たちX世代の逆襲

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

X世代とは、Z世代の親世代のことを指しているそうです。

まさに、我が子どもたちはZ世代です。

そして、その親である私は、X世代です。

このX世代、どうやら世間から忘れられているようです。

世間からの印象が決まっていないなら、自由に動ける気楽な世代とも言えます。

こうなったら、私たちX世代が、世間にどんどん働きかけていきましょう。

Z世代の祭典 文化祭 

目次

Z世代とは

Z世代は、ジェネレーションZの略です。

Z世代とは、主に1997年から2012年頃に生まれた人々を指しています。

この平成の終わりから令和にかけて、生まれてきた子たちは、他の世代にない特徴があります。

1. 幼少期からインターネットやスマートフォンが日常生活にあって、テクノロジーへの適応力が非常に高い。

2. ソーシャルネットワーキングサービスが一般的なコミュニケーションツールとして使いこなす。そして、グローバルなつながりや情報の共有がしやすい。

3. 多文化主義や多様な価値観の受容に対する意識が高く、差異を認め合う。

4. 地球環境問題や社会的公正に対する意識が高く、持続可能な社会の実現に向けて積極的な関心を持つ。

 

確かに、学校では、一人一台パソコンが付与され、オンライン授業など導入が進んでいます。

すでにSNSで通じた友人たちで、リアルでもコミュニケーションを始めています。

ついつい、夫婦喧嘩になっても、両親それぞれに一定の理解を示す対応をします。

極めつけは、洗面所で水からお湯に変わるまで、出しっぱなしにしていたら、どこからかすっ飛んできて、「環境に悪い!!」と言いながら、蛇口を締めます。

 

このように、Z世代である我が子は、新しい価値観を見出して、社会に出ていこうとしています。

そんな背中を見送るのが、X世代です。

高齢者でもない、働き盛りはとうに過ぎている。

そんな中途半端なX世代に、社会ではほっとかれているような感じを受けるのです。

X世代向けの製品が、あまりないのが、その証拠です。

Z世代の親として、他世代にない強みは?

社会で、あまり目が向けられていないX世代なら、自由にやりたいようにできるのではないでしょうか。

子育て世代の親は、孫や働く母を支え、自分の親の介護も伴ってきます。

でも、Z世代の親は、まだ自由な時間があります。

その利点を、大いに活かすというのが、私の考えです。

日常生活に、新しい時代の風が入ってくる

子どもと過ごしていると、目からウロコなことがたくさんあります。

私の映画選びを支えているのは、こどもからの紹介です。

全く持って、見向きもしなかった「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」

娘に薦められて、一緒に観に行ったのですが、感動を超え、文章を書くことの意味まで、深く考える機会を得ました。

Z世代ならではの感性を、日常生活の中で触れることができるのは、このX世代しかいません。

とにかく、子育て、部下育成経験者としての貫禄もついてくる

仕事の面でも、もちろん地域活動などのコミュニティにおいても、人育ての経験が活きてくる場面がたくさんあります。

子育て世代は、まさに一番大変なときで、最終的な答えがまだ出ていない時期で頑張っています。

しかし、X世代は、Z世代と言われる子どもたちを育て上げた人たちです。

良かったのか、失敗したのか。

それと関係なく、とにかく子どもを育て上げてきたという体験を、みなしてきています。

私も、この世代になって思ったことがあります。

ものすごく、気持ちが楽になったということです。

子どもが苦手でも、親になったからには子育てをしなければならない、そんな状況から脱して、子ども嫌いならではの、距離をおいた関係を築けるようになるのです。

ここで得られた、時間や体力は、自分の思うように使っていけるようになるし、体験があることで、多少のトラブルも乗り越えられる度量もついてきています。

このように、X世代こそ、ひとり仕事を始めるいいきっかけになるはずです。

強みを活かした仕事の仕方

では、他の世代より、有利に経つX世代世代が、どのように働けばいいのでしょうか。

注意する点を3つあげてみました。

家族との時間を最優先すべし 最先端の時代に触れる

とにかく、Z世代とつながりを持つことです。

我が家にいる子どもであれば、子どもと出かけて、様々な文化や価値観に触れましょう。

できたら、子どもの友人たちとも繋がっておくのもありです。

ただ、子どもとエンジョイするだけでいいのですが、せっかくです。

共感できることを、素直に話してみるといいでしょう。良いフィードバックが帰ってきます。

とにかくそれらを発信

次に行うことは、X世代から得たものを、自分なりに咀嚼して発信します。

私の場合、ブログがあります。

このような場で、子どもから教えられたことをヒントに、斬新なことを思いつくこともあります。

ただ、子どもと遊んで「楽しかった」ではもったいないです。

自分というフィルターをとおして、新しいことにアレルギーを持たないよう、常々触れてアウトプットをしましょう。

これによって、ひと世代前の人より、新しいものを生み出すことだってできるのです。

いつまでも、子どもを子供扱いにしない

子どもは敏感です。

ちょっとでも、親らしいことをしなければと思った瞬間、子どもは親の元から離れていきます。

互いに、リスペクトをするようにします。

親世代の価値観から見たら、信じられないことであっても、説教するのを我慢するのです。

Z世代の子どもたちは、大人扱いにしてほしいくせに、まだまだ多感な子どもです。

可愛がるのではなく、リスペクト。

それさえ守っていけば、子どもは、いつでも親に新しいことを教えてくれるのです。

 

50歳すぎれば、身体の衰えが自覚できるほど現れてきます。

でも、視点を変えれば、いろんな世代と気兼ねなく交流できる唯一の世代ともいえます。

下手すれば、幼稚園に通う小さな子とも意気投合することも。

これこそ、ひとり仕事をする上で、他のどの世代よりも強みがあるのではないでしょうか。

ぜひ、X世代を堪能しましょう。ビバ、X世代!

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次