メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

中小企業で求められる経理パーソンになるための条件

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

経理って、単なる事務屋だと思っていると、本当に事務の人になります。

逆に、経理としての情報発信ができると、経営を支える仕事になります。

実は、経理担当者の心構えで、経理の姿は大きく変わるのです。

事務所に詰めなくても、経理はできる。

目次

経理の仕事がなくなりつつある?

昨今のDX化。そして、AI。

どんどん経理の手間がなくなる技術が生まれてきています。

かつては、大きなシステムを入れないとできなかったことが、たった数千円のサブスクリプションで、いろんなことができるようになったのです。

まだまだ、正しい仕事ができていないし……。まだ、人の手でやったほうが、早いし……。

そう思っていると、あっという間に技術が進歩しており、人の手より早く正しい仕訳ができるようになっています。

今までの時代だったら、数年かかることが、今ではほんの数日でAIは学習していきます。

実際に、私が利用しているChatGPTも、ずいぶんと賢くなってきています。

油断していると、人件費2,000円前後の機械に、仕事が奪われる未来がすぐそこまで、来ているのです。

いつものルーティンを崩す勇気

では、人でなければならない仕事はなんでしょうか。

それは、新しい仕事を生み出すことです。

でも、頭ではわかっているけど、なかなかできない。

それも、そもそも経理って新しいことをやる部署なの?

そう思われるかもしれません。

日常のルーティン業務だけでも、時間が過ぎてしまう。そんな部署が経理部です。

でも、よく考えてみれば、やらなくていい仕事を見つけて、手放す勇気があれば、新しい仕事を作り出す余地が生まれます。

例えば、

  • 会計ソフトには、データのインポートをすることで、時間短縮を図る。
  • 現場から直接データ入力する仕組みを考えて、経理ではチェック作業のみに特化する。
  • Excelも、マクロを組んでデータ入力の時間を短縮する。
  • ペーパーレス化を進める。

これらは、経理の効率化として当たり前になっています。

そして、

  • 会計ソフトとExcelだけではなく、会計ソフトをAPIで連携できるツールを研究する。
  • 事務所内のパソコン周辺機器を充実させ、業務の効率化を図る。
  • そして、月次決算を一日でも早く出せる工夫をする。

といった、エンジニアにしかできなかったことが、普通の一般の人にも取り組めるようになってきています。

自社の特性にあったシステムを、経理担当者が自分で組み上げることが、一番の理想です。

こうして、生まれた時間で、現場や経営陣にとって、有益な情報(いいことも、よくないことも、忖度しない)をタイムリーに発信する経理部に変化できたら、経理は単なる事務屋ではないと、認知してもらえるようになります。

経理部だって、お金を生み出せるんだと。

本当は、社長に経理の価値を知ってほしい

このように、経理が自由に自分たちの改善を行えるようになることが、経理がお金を産み出す部署に変身できるんだと述べました。

でも、最後の一つのピースがないと、この経理改善はできません。

その最後のピースとは、「社長」なのです。

社長が、経理に対して「単なる事務屋」だと思っていたら、経理は生まれ変わることができません。

そして、改善する自由を与えることもできません。

結局のところ、いい経理パーソンは、いい社長がいる会社でないと生まれないということです。

どうも、自分の会社で働く経理の動きがよくないなぁと思われた、そこの社長。

社長自身が、経理を楽しめていないのかもしれません。

そのためには、経理の仕事にきちんと向かい合えるようにしたいものです。

=編集後記=

【昨日のできごと】

だいぶ体調が元に戻ってきたので、ChatGTP 4oにチャレンジ。NPO法人のホームページの工程表作成を手伝ってもらいました。
根気強く、お願いすることを分解していく作業は、まさに人にお願いするのと同じだと、痛感しています。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次