メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

個人事業主の値付けの方法

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

安ければ安いほど、数は売れるけど、高いとなかなか売れない。

そんな鉄則があるように思えて、高い値段をつけづらくなる。

自分の商品の値付けには、悩ましいものです。

自分に対する値付けとは、自分への評価の現れでもあるから、余計に悩みます。

でも、勇気を持って、値段をつけることから、ひとり仕事のスタートが切れるのです。

同じお食事でも、値段によって何かが違う。

目次

雇われからひとり仕事に向けて最初の一歩

私が、オンラインセミナーや動画販売を始めた頃、値段をつけることに、非常に勇気を要しました。

会計事務所で勤めていた頃は、おおよそのルールがあり、上長の判断を仰ぎながら、値段をつけてきました。

会計業界では、次のような基準が暗黙にありました。

  • 年間売上高
  • 消費税課税事業者or 免税事業者
  • 仕訳数
  • 事業部ごと
  • 経理担当者がいて、自計化できるか否か
  • 社長の性格
  • 納税意識

などなど

大まかな基準があり、社長の癖などその会社の個性によって、金額がそこから上下するといった感じです。

 

しかし、個人事業主になって、自分で自分の商品値段を決めるようになると、はたとどうしたらいいものか、悩むようになりました。

確かに、明確に数字でカウントがとれるものは、はっきりしているのでいいのです。
仕訳数は、とてもわかりやすく、誰が見ても納得できる根拠となります。

しかし、自分のオリジナルの商品には、基準がありません。

もう、自分で決めるしかないのです。

相場は気にすることはない

値段には、相場というものがあります。

例えば、「価格ドットコム」。

市場に出回っている商品の、相場が逐一チェックできるようになっています。

このような、購入すれば一定の効果を得られる商品には、「相場」というものがあります。

しかし、ひとり仕事であるフリーランスの場合、どれ一つとっても、一定の効果が得られるものがありません。

同じオーダーであっても、人によって、提供できるサービスが異なるためです。

人によって考え方が違い、スキルも異なります。

ゆえに、「相場」という考え方が向かないのではないでしょうか。

であれば、自分の言い値で金額を決めてしまうしかないのです。

余計に、自分のことを自分で評価せざる得なくなります。これは、怖いことです。

ついつい、自分を低く見積もる傾向があるのが、雇われ時代に身についた癖。

これを打破して、自分の付けた値段に納得できるようになったのも、1年ほど時間がかかりました。

正しい値段は誰もわからないこそ、言い切る覚悟を

以前、お世話になった会計事務所の直属上司に、こんな相談をしたことがあります。

鈴木「〇〇さん、この新規のお客さん、顧問料をいくらにしたらいいでしょう」

上司「鈴木さんは、いくらだと思う?」

鈴木「うーん、私は経験がないので、◯◯◯千円でしょうか」

上司「それでいいの?自信持って、金額提示しないと」

つまり、経験があろうがなかろうが、金額は適正に提示するべきと教わりました。

当時は、びっくりしたのですが、今思えば、いい上司です。

 

低い金額で仕事をすれば、数をこなさないと食べていけません。

高い金額だと思うから、低く見積もってしまうのです。

不思議と、仕事の出来は、金額に引っ張られるように思えます。

安い金額であれば、お客さんの期待値も、仕事の成果物も、その金額程度となるのです。

でも、自分で「この値段で提供する!」と覚悟を決めたものは、それに相当する納得をしていただけるようです。

 

一度値段を下げてしまう、または値上げをする。

この行為は、結構エネルギーがかかるもの。

ひとり仕事だからこそ、値段は周囲ではなく、自分自身で決め込むようにしましょう。

=編集後記=

【昨日のできごと】

午前中に、個別相談。午後からNPO法人関連の仕事で役所周り。
税務署では、定額減税説明会が行われ、駐車場が満車でした。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次