メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

組織の経理 自由にできることと勝手にやってはいけないこと

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

組織での経理で、

無断にできることと、できないことを集めてみました。

無断にやらないで。

目次

勝手にやってはいけないこと

経理の仕事で、勝手にやってはいけないことがあります。
それは、職務で定められたこと以外のものです。

・決済金額に応じた支払い

・契約関係

・人件費関係

以下のことは、権限によっては行える場合があります。

・取引業者の選定

・資金調達など

つまり、きちんと内部統制をとる必要があります。
いくら、「社長がいいって、言ったから」と、経理が勝手にやってはいけないのです。

内部統制、職務による権限など、ルールで定められているものは、厳守しなければなりません。
もちろん、社内のルールだけでなく、法律に定められているものも、当然に守るものです。

経理の独断でできること

逆に、経理が独断でできることを考えてみます。

それは、経理から提案するものです。

・業務フローの改善

・毎月の会計資料の改定

・会計ソフトなどのシステムの選定

・月次の数値から読み取れる改善策の提言

など

つまり、経理が知り得る情報を使って、組織全体の生産性や効率化が改善できるものを、発信していくのです。

現場は、日々動くことに注視しています。
しかし、結果がどのようになっているか、意外とわかりにくいのです。

その点、経理は現場から離れていることで、客観的に現状を把握しています。

現場とバックオフィスの情報共有が、組織の生命線と言っても過言ではないのです。

型の仕事、創造の仕事のバランスを

このように、経理の仕事は、ガチガチに守るものと、臨機応変に対応するものの2種類の仕事があります。

しかし、本来、頑なに守らなければならないのに、現場に懇願されたことで、手綱を緩めてしまう傾向があるのです。

現場にとっては、それは「融通の聞く経理」として、諸手を挙げて受け入れるかもしれません。

しかし、世間には、法律という大きなルールがあります。
このルールによって、国全体が、公平に義務を引き受けているのです。

「え、あの偉い人はズルしている……」

確かに、ズルしている人がいるのは、確かです。
しかし、程度の差はあれど、不公平に楽している者に対して、行政は罰則を与えているのです。

経理は、組織にとって、最後の砦です。
自分たちにとっても、また、国に対しても、両者の砦とも言えるでしょう。

故に、組織に対して厳しい態度で、立ち向かうことが求められているはずなのです。

 

もう一度、経理の仕事とは何かを、立ち止まって考えるようにしましょう。

しっかり、倫理を守ることと、自由に情報を共有することの両者を、正しく分けてみましょう。

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次