メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

一生役に立つ、子育て中のタスクのこなし方 

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

フルタイム+長距離通勤+ワンオペ育児=ワンアクション、ダブルタスク

つまり、〇〇しながら△△タスクをこなすことで、なんとか乗り越えてきました。

というか、当時の記憶があまりなく、どれだけ周囲に迷惑をかけていたのか、定かではありません。

でも、一つ言えること。

それは、ワーキングマザーのタスク管理は、ひとり仕事でも役に立っているという事実です。

子育て+仕事は、人生でとてつもない武器を手に入れるチャンスなのです。

大丈夫。子どもが大きくなれば、休みながら仕事という夢の時間がやってきます。

目次

フルタイム夫婦が子育てしながら得た答え

どのような家庭でも、子育て+育児は、非常に難易度が高く、体力気力も伴うものです。

子育ての大変さがネット上で目立ち、結婚子育てに躊躇する世代もいるほどです。

かつて、その時代を過ごしてきた私は、この子育て+仕事には、光と影があることを、隠すつもりはありません。

当時の無我夢中にやってきて、その中から得たことが、今自分の身を助けているのも事実です。

十人十色の考え、思い、子どもの性格など、様々な要因が絡まり合い、千差万別な答えがあります。

どれが正解で、どれが間違いかは、ないのです。

でも、その中で、働く親は、一つの結論を出しておかなければなりません。

これが、子育て+働くことの、1番難しいポイントなのでしょう。

私の場合、その中で出した答えは、ひとりで子どもと向き合うことをしないということでした。

保育園や保健師の方の手を借りて、プロの目線も交えて子どもと向き合うことを選択しました。

自分が、幼児教育の現場にいた経験も影響しています。

親子だけで、子どもと向かい合う弊害をたくさん見てきたこともあります。

よって、次のことを決めてワーキングマザーの生活を選択した次第です。

  • 絶対にフルタイムの仕事を辞めない。
  • 1日の大半は、保育のプロに任せる。
  • 社会に揉まれることが、子どもの成長にいい影響を与える。
  • 子どもが成長したあとの、自分のライフスタイルを見据えて準備を怠らない。

この4つの方針を決めてやってきました。

それ以外のことは、完璧にできなくても、気にしないことを受け入れてきました。

そうすると、不思議と結果がどうであれ、子どもたちに対して、申し訳ないという思いは生まれてきませんでした。

これは、親の決断を受けれてくれた子どもたちのおかげもあります。

子どもによっては、親の思いと裏腹になるケースもあります。

その時、その環境によって、答えが変わることもあったかもしれません。

ただ、子供に対して、「ごめん」と謝って後悔しないことだけ、考えていきました。

これが、当時の我が家の出した答えでした。

移動中+one more task

そうと決めたら、では、実際に日々のタスクをどう乗り越えたらいいのか。

そこが問題です。

当時を振り返って、やってきてよかったと思ったことは、

「徹底的な効率化」「一つのアクションで、タスクをダブルで消化する」の2つです。

徹底的な効率化

いつ、子どもの病気で休むかもしれない。

そんな恐怖の中で、仕事をしていました。

休みの日に、自分がやった仕事の問い合わせがきても、すぐに現状がわかるように、仕掛中の仕事は、誰もが見てもわかるように、ファイルをデスク上においておきました。

会計事務所においては、お客さんからいただく領収書提出日の徹底を、していきました。

1日でも遅れると、お客さんの希望する日に、試算表が納品せず、お客さんが遅れた分、こちらからの提出も伸ばしました。

申告期限までは絶対です。それまでに、双方で期日を守るトレーニングをしていきました。

また、仕事の工数を減らすことも、ひっそりとやっていました。

仕事のスピードアップも、徹底的にトレーニングしました。

とくに、キーボードは、職場であてがわれたものを使わず、自分に適したものを自腹で購入し、徹底的に入力スピードをあげていきました。

これが、のちのガジェット好きに発展していったわけですが、

きっかけが、子育て中の仕事効率化だったのです。

正直、帰る時間が自由に決められたら、どんなに楽だっただろうと思っていました。

残業ができる人が羨ましく、周囲に腹を立てていた時期もありました。

でも、その御蔭で、今があるのです。

人生、何が起こるかわかりません。今を精一杯やれば、けして無駄なことになりません。

one action,double task

ひとつの行動の中に、タスクをダブルでこなすというものです。

私の場合、通勤時間が長かったので、

「通勤時間+α」が私にとって、最大な肝となっていました。

最初は読書でした。でも、満員電車では、なかなか難しいときもあったりしました。

次に、音楽を聞いて、自分を鼓舞する時間にしました。

このときに購入したのが、AppleのiPodminiでした。

iPhone3Gが出たときも、さっさとガラケーから乗り換えた理由も、通勤時間を有効に使うためでした。

今では、次のように進化させています。

  • ノートパソコンを開いたら、すぐに仕事に取りかかれるようにする。
  • 場所がなければ、iPad mini+モバイルキーボードでできる仕事をする。
  • iPad mini一択。動画視聴で通信教育の授業を受ける。
  • もちろん、Kindle本もiPad miniで。

子育て中の働くひとは、通勤時間が貴重な自由な時間になります。

この一瞬に、どれだけのタスクを詰め込むか。

これが日々乗り越えるための秘訣とも言えるでしょう。

そして、これは、ひとり仕事する上で、大いに役に立っています。

子育て中にしかできないこととは

子育て+働く。

この時は、どれだけの無理ゲーかと、腹を立てていたものです。

でも、くそくらえと、周囲から冷たい目で見られても、最初に決めた4つの軸を守るために、創意工夫をしてきました。

それが、今、ひとり仕事する上で大いに役に立っています。

また、当時、自由な時間が圧倒的に少なかったことで、子どもが成長した時の自分のイメージをよく思い描いていました。

当時考えていたのが、

「自分の稼ぎで、自分の生活を賄う。そして、自由に旅して仕事する」でした。

今、その実現に向けて、ひとり仕事を始めています。

まだまだ、道半ばですが、保育園のお迎えに行く道すがら、そんな未来を思い描いていたものです。

もし、当時、時間的余裕があって、穏やかな日々を送っていたら、このような未来を考えていなかったかもしれません。

子育て中は、本当につらい事が多いのですが、つらいからこそ、未来に夢を託し、それを支えに頑張ってこれたのです。

今、子育て中の現役の方々へ。

時代は、AIが登場して、ますます、タスク遂行パワーが上がってきています。

ガジェットの進化も目覚ましいです。Notionといった夢のツールも生まれました。

逆に、子育て中だからこそ、できることが増えるわけです。

時間の余裕があったら、そこに目が行かなかったかもしれません。

ぜひ、厳しい毎日の中、未来の自分に託すことを、リストアップしておきましょう。

願っていれば、叶うものです。

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次