メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

国家資格がなくてよかったと思うその理由 AI時代にフリーランスが生き残るには

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

資格試験勉強をしていないで、良かった。

今、つくづく思っています。

資格がないとできない仕事。
例えば、医師、看護師、税理士、公認会計士、社労士、行政書士。
美容師、ふぐ調理師免許など。

業務独占資格を取得しないと、その仕事ができないので、合格に向けて頑張らないといけません。

でも、私は、国家資格がないことで、大きな利便性を感じることが増えてきたのです。

これから、ひとり仕事を始めようと思う方に参考になればうれしいです。

引かれたレール。

目次

税理士試験にチャレンジした結果

前職は、会計事務所職員でした。

最初の事務所では、税理士試験を受けないと減給するという、厳しいところでした。

もちろん、頑張って勉強したのですが、勉強の仕方がまずかったのか、状況がよくなかったのか、定かではありませんが、体調を崩し、不眠症に悩まされる結果となってしまいました。

このときのトラウマが、未だ残っています。

どんどん年を重ねていくのに、なかなか結果が伴わないことで、自分を追い込んでしまったのです。

ということで、私は、税理士試験から距離を離れることにしました。

そうしたら、どんどん体調も戻り、元気になったのです。

合わなかったのでしょうね。今は、やめてよかったと思っています。

AI時代の中ひとり仕事を続けるためには

やめてよかったと思った、もう一つの理由があります。

それは、資格がないことで、税理士の仕事をしないで済んだという点です。

税理士の仕事は、それはそれは、大変で責任があります。

決算書、申告書、個人事業主の確定申告、どれも意義のある仕事です。

でも、それだけの話でもあるのです。

いかに税法を諳んじることができて、紙にペンと電卓だけで税金計算ができた(税理士試験がまさにそれ)としても、税理士としての価値があるのでしょうか。

 

これからAIの時代です。

ますます、今まで人の専売特許だった「知識」と「計算」ができなくても、だれもが申告書を作れるようになるのは時間の問題です。

今はまだ、AIが出す答えに「おいおい」と突っ込める余裕がありますが、そのうち、税法を知らない人でも、上手なプロンプト(指示)ができなくても、税金の申告が可能にする技術はもう、できているのです。

そのような時代に、ひとり仕事で生き残るには、どうしたらいいのか。

ぼんやりと考えてみました。

答えがわかっている、決まっていることに勉強しても、AIがすべてかっさらっていくのです。

AIができることを、一生懸命自分でできるように勉強や練習しても、AIに一生勝てないのです。

1万時間勉強して取得した税理士資格も、AIに負けてしまうのです。

はたして、ここに、商機があるとは思えません。

逆に、AIができないことを、人間ができるようになるために、時間とお金を投資すべきだと、誰もがわかることです。

そして、それができた人が、ひとり仕事で生き残っていける、唯一の道なのかもしれません。

決められたレールを走る勉強は、AIには敵いません。

であれば、混沌とした中で、ゼロから価値を産み出せるようになれば、少しはAIに優位に立てる時間を稼げるのかもしれないのです。

そのためには、与えられたことを熟す技術を高める時間を減らして、自由に、目的もなく、気の赴くまま、楽しいと思えることに熱中する時間を作る必要があります。

もし、私に税理士資格を持っていたとしたら、この時間を作れたかどうか、非常に疑わしいです。

生きていくために、身を粉にして、申告書を作り続けていたかもしれません。

そう思うと、税理士資格がないことで、この悩みを持つことがなくなったのです。

限られた時間をどう使うか

とはいえ、生きていくために、与えられたことを熟す仕事もしなければなりません。

自分の時間をすべて、無形のものに、ふわふわと思いを巡らせるほど、裕福でもありません。

ギリシャ・ローマ時代の哲学家は、生活のために働く必要がなかったから、人間の思慮深い思考をする時間を持てたのです。

であれば、おもいっきり働くための時間と、無秩序な中で、思いを積み上げるカオスな時間の両方を、作り出せばいいのです。

もし、緊急の仕事が常に入り込む状況になれば、それは、生きていくための仕事に、どんどん吸い取られて行く意味をさしています。

そのためのタスク管理は、仕事を減らしてギリギリ生きていくためのデットラインを見つけ出すようになります。

つまり、たくさんのタスクをいかに熟すかではなく、

いかに仕事タスクを減らして、AIに仕事をさせて、自由に思いを巡らせる時間を作り出せるかが、これからの勝負の分かれ道かもしれないと思っているのです。

 

もし、いまでも試験勉強をしていたら、生まれた時間はすべて、試験勉強に費やしていたはずです。

その仕事をしたくて、勉強するのであれば、それは、超有意義な勉強時間となります。

でも、その生き方を辞めた私の場合は、無秩序な時間を失う方が、致命的になるのです。

 

すでに国家資格をお持ちの方は、ぜひ、仕事に追われないメニュー作りをおすすめします。

そして、仕事にかける時間を、AIを使うことで短縮させていきましょう。

生まれた時間で、自由に過ごすことで、オリジナリティなものが生まれてきます。

=編集後記=

【昨日のできごと】

お昼に、娘とランチ。ココスへ行きました。
季節限定の純氷かき氷のしろくまをいただきます。
夜は、Notionアンバサダーたちの飲み会へ。
今流行りのAIから、法人成り後の資産形成の話まで。
多岐にわたります。

かずこのお気に入り
日常の中で見つけたお気に入りを、NotionページにUPしています。
今、 町中華のかた焼きそばにハマっています。

50代からのひとり仕事を楽しむ
ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

 

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次