メルマガ「50代からのひとり仕事」(登録無料)

苦手があるからこそ、強みが作りやすい フリーランスの特権

  • URLをコピーしました!

RSS

follow us in feedly

苦手なことがあるからこそ、誰よりも強くなれる。

得意なことがあるから、強いのではなく、そこはあえて、「苦手」です。

ひとり仕事をしていると、どうしても自分の苦手なことと向かい合うことがあります。

そのようなとき、どうしたら、顔を上げて続けていけるようになれるのでしょうか。

陸では苦手が多いけど、水では誰よりも強い、本当に公園にいた白鳥。

目次

苦手は弱みと思ってしまうわけ

苦手なことがあると、ミスをする確率が格段に上がります。

組織で働いていたら、誰かがフォローしてくれます。

ときには、思いっきり怒られることも。

大抵の場合、ここでいろんな問題が引き起こります。

まず、誰かがフォローしてくれた場合。
その人に、仕事の負荷がかかってしまいます。

また、誰かに怒られる場合。
これもまた、叱る人のストレス値を上げていきます。

このように、一人のミスがあることで、周囲の人のストレス値を上げてしまうのです。

一旦上がったストレスは、なかなか簡単に解消されることはありません。

ここに、労働上の不採算なものが生まれてしまうのです。

 

組織で働くなら、ここで、いかにこの不採算なものを、未然に防ぐかと考えますが、このブログの読者の方は、ひとり仕事をされているか、またはこれからひとり仕事をやろうと思っている方々です。

フリーランスや、ひとり社長のようなひとり仕事の場合、この苦手とどう向かい合うのか、しっかりと覚悟を決めていないと、ついつい、自分を責めてしまうのです。

社会人になる前の学校や、家庭での親から言われるものも、すべて、

「苦手なことは、努力して無くしましょう」という教育が主流になっています。

「得意なことを伸ばす」と言われていますが、まだまだ、苦手を無くすことが、子供にとって幸せなんだと、信じている大人はいます。

このような環境で、伸び伸びと自分の得意なことで、成長していけるのは、よほどの強運の持ち主と言えるでしょう。

基本、人は、苦手を無くすべきだと、思い込んでいるのです。

これは、どうにかしないと、ひとり仕事を続けることが難しくなってしまいます。

苦手は自分らしさが一番表れているもの

例えば、私の場合、苦手なことから自分の強みを見つけることがありました。

  1. 人が作った紙Excelに数字を入力するのが苦手
  2. 数字の行をよく間違える。
  3. 早起き
  4. 食器洗い
  5. 一度にたくさんのことをこなせない。
  6. 学校の保護者会
  7. スーツ
  8. 徹夜
  9. 現状維持
  10. 物を捨てられない人

実は、苦手リストを作っています。

そこから、ほんの一部をリストアップしてみました。

まだまだ、たくさんあるのです。

この苦手なことを見てみると、家事ができず、経理ができない、とんでもない偏った人間に見えます。

でも、これでも一応、家事は生きていける程度のことはこなしてきたし、経理の仕事もしてきました。

紙Excelの根元と言える、申告書を相手に作成する仕事もやってきたのです。

なぜ、苦手なことを仕事にすることができて、それを継続できたのか、振り返ってみます。

  1. 紙Excelに意味はないと割り切って、なるべく自動で入力できる工夫をした。
  2. ここは資金を投入して、いい眼鏡を作って対応。
  3. 遅起きにする(唯一、組織で働いていたときは、弱点のまま)
  4. 自動食洗機を導入。または、絶対に洗わない宣言をする。
  5. 一度に少しのことをこなすことにした。
  6. 学校の保護者会で、友達を作ろうと思わない。
  7. ナチュラルな服装のキャラクターを強めた。
  8. 徹夜になったら、朝寝ることにした。
  9. 現状維持は、人にやってもらう。
  10. 物を捨てられない人の目の前で、どんどん捨てる。

このように、苦手を克服しようと思わないようにして、思いっきり苦手に振り切ることにしたのです。

そうしたら、なんと、苦手が強みに変わっていきました。

この域に達するには、それなりの時間は要しました。

つまり、50歳になったからこそ、苦手を振り切ったやり方がしっくりくるようになったわけです。

組織の中で働いていたときからやっていたこと。

ひとり仕事になってから、取り組んだもの。

時期はさまざまです。

苦手を克服せず、思いっきり振り切ること。

これが、ひとり仕事、ひとり社長、フリーランスの特権と言えるのではないでしょうか。

苦手からひとり仕事のメニューを作る

ひとり仕事の場合、自分で仕事を得る必要があります。

普通のありきたりのメニューだと、大手で資金が潤沢にある企業に、価格で負けます。

また、組織だと、それほど強い個性のメニューを作るのが難しいのです。失敗することができないから。

しかし、ひとり仕事なら、自分で食べて行けるだけの稼ぎがあればいいわけです。

であれば、思いっきり、自分らしさを強く打ち出した商品を作ればいいのです。

「でも、それだと、誰にも買っていただけないのでは」

ここで、冷静に考えてみましょう。

自分が困ったことは、必ず他の誰かも困っていることです。

世界中で、自分しか必要ないものなんて、そうそうありません。誰かしら、同じ思いをしているのです。

であれば、思いっきりニッチなメニューや商品を打ち出しても、求めている人に届けられたら、買って頂ける可能性が格段にあがります。

問題は、必要としている人に知っていただけるかどうかです。

でも、これは、別の「営業」の問題なので、自分自身ことと切り離して考えた方がいいのです。

 

「苦手なことが多すぎて、自分なんて……」

そう思わず、

「苦手なことが多いから、他のだれよりも個性の強い商品をつくれるぞ!」

と、ワクワクしていただければ。

個別相談

=編集後記=

【昨日のできごと】

いつも夕方にブログを書くために使っているパン屋さんの喫茶。
昨日は、ランチの時間帯に入ってみたら、人が多く、食事の提供も時間がかかってしまいました。
時間帯も、場所選びに大切なんだと改めて実感しました。

50代からのひとり仕事を楽しむ

ひとり仕事の格言、ブログ・You Tube更新を配信。

@kazukokeiri

中小企業の社長さま向けブログの更新を配信。

=おすすめのサービス=

 

◉「まずは相談」それぞれの困りごとにアドバイスいたします。

個別相談

 

◉自分の力でクリアされたい方向け

オンラインショップ

オンラインセミナー一覧

 

◉公益法人運営サポート
公益法人運営サポートサイト↓

公益サポート合同事務所

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主・中小企業教務効率コンサルタント。Notionアンバサダー。「一緒に未来を見る伴走者」として小さな会社や個人事業主の方をフォロー|職種を超えて参加できるバックオフィス構築|オールインワンアプリ「Notion」を使った経理ノウハウなどのオンラインセミナーを開催|ほぼ毎日更新ブログ「経理戦略会議」管理人。メルマガ50代からのひとり仕事を毎日配信。

目次